Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2019-12-28

金山城跡で見晴らし気晴らし

年に一回くらいは行きたいお気に入り桐生競艇。ナイターなので開場前にどこか歩きたいな、と思い、金山城跡に行くことにした。

圏央道

守谷からは圏央道経由。お天気がよろしくて、富士山もよく見えます。

北関東道もあるし、群馬に行きやすくなりました。

史跡金山城跡ガイダンス施設

史跡金山城跡ガイダンス施設は隈研吾の設計だそうで。隈研吾といえば木造感溢れる建築物、という印象だったけれど、こういうのもあるのね。道の駅さかいは木造足りないので、それに比べると「石材で」と割り切ったとこがいいかも。展示は思いのほか少ないけれども、職員が作ったというジオラマがおすすめ。

ガイダンス施設からハイキングしようかとも思ったのだけれど、車を建物前の駐車場から少し離れた未舗装Pに移動してと職員が再三いうので、めんどくさくなって金山城址展望駐車場まで行きます。ここからでも金山城跡を全部堪能するなら2時間コース。

金山城跡:太田市HP

https://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0170-009kyoiku-bunka/topics/nyumon.html

展望台 金山城址展望駐車場から

頭だけ 富士山

駐車場に展望台あり。太田から富士山が見られることは知ってたけど、こんな感じに頭が見えるのね。

物見台ではないです 眺望ポイントから

うっすら スカイツリー

堀切やら曲輪やら、復元されているだけあって、見るポイント多し。看板も出ているので見落としもせず、楽しみながら歩けます。

復元石垣 大手虎口

大きい 日ノ池

メインの大手虎口からの眺めは圧巻。儀式に使われたという日ノ池の大きさにも目を見張る。こんな山頂にこんな大きな池があるなんて。

東サイド 新田神社から

近い感じする 筑波山

お隣の御嶽神社、浅間神社も参拝します。

本丸裏 残存石垣

パンフレットによると残存石垣があるというのでそちらも見ます。金山城は、廃城になった後に破城された(あえて崩された)城らしくて、石垣もかなり崩されたようだけれど、復元の際にはオリジナルの石を再利用したらしい。

丸太で組んだ桟道まで忠実に再現したというのに、通行できず残念。

パンフレットにも通行不可と書いてあるので直す気ナシ 桟道

最後は西城・見附出丸も散策。鳥の声はすれども、鳥は見えず・・。

がっつり2時間半歩き回って終了。呑龍様にも行こうかなと思ったけどまた今度。

桐生競艇の開場13:00を狙って入ります。正月休みだからかお客さん多い!お気に入りのアクアシートをかろうじてゲット。2人で利用だけど6人分で申請していいらしくて、1人1ドリンクサービスだから6杯分サービスです。

4000円もするけど、6時間以上滞在するので、お得だと思う。

1マークが堪能できるのがうれしい。阿佐美沼と石尊山の借景も見晴らしよくて、陽がだんだんと落ちていく様もいい。

今回は過去最高の勝ちです。昼ごはん夜ごはんが返上されました。

2019-12-15

今ふたたびの八溝山

八溝山に初めて行ったのは2008年1月のこと。今思うと、1月に八溝山に行こう、というのは結構無謀。日輪寺は冬季閉鎖で雪も積もってて実際山頂までは行かなかった。そのときに、もう何年も通行止めだという「八溝山公園線」のことを知った。

山さ行かねが:茨城県道248号八溝山公園線 前編 2007. 4当時の記事

その八溝山公園線が、2014年3月に全線開通。ついに行ってみることにした。

八溝山公園線起点

前回来たときはここから「3.5km先で通行止」。今回は「幅員狭小のため大・中型車通行不能」。

前回通った「八溝山林道」(茨城県)も結構な狭小道路で、上りで怖い思いをしたから下りは「八溝林道」(栃木県)を通ったのだけれど、こちらはもっと狭小道路で恐怖。「山さ行かねが」の記事を読んで、「八溝山公園線」が開通すればメイン道路になる予感がしたから、ついに上りやすい道ができたのかと思ったのだけれど、それは大きな間違いでした。

八溝山公園線 元・不通区間

路肩ヤバイです。しかもこれが一つや二つじゃない。

八溝山公園線 元・不通区間(暗渠)

斜度ヤバイです。ちなみに写真はドラレコの映像です。対向車が怖くて写真撮ってる余裕なし。

「腐沢林道」が昇格して「県道248号八溝山公園線」になったわけなのだけれど、「腐沢」って土砂崩れしか連想できない地名・・。いやこれ下りは使わない。というかせめて一方通行にしてほしい。

八溝山ハイキングコース

日輪寺の駐車場は、がら空きかと思いきや登山客と観音巡りと思われる客3組程。私も日輪寺に参拝。御朱印は観音様と弁天様の2種類いただけます。坂東三十三観音って多分半分くらい行ってるなあ。そのうちちゃんと巡拝しようかしら。

日輪寺~八溝山コース

日輪寺から八溝山に一直線に上っていくコースですが、きつい山道ではないので、お気軽登山。

何も見えない 展望台

八溝嶺神社にも参拝。予報は晴れだったのに、思ったより天気が悪いのが難点。せっかくなので八溝五水を回りながら下山します。

水なし 銀性水

ポタリ 白毛水

雪に埋もれる こちらは前回2008年の白毛水

水なし 鉄水

唯一水あり 金性水

ちょっと広い 月輪寺跡

ポタリ 龍毛水

夏に来たらもっと水が出ているのかしら。ちなみに月輪寺跡はなんの看板もなく、たぶん少し広くて平らだからここだろう、と。日輪寺に安置されている弘法大師が刻んだという十一面観世音菩薩は元々二体あって、日輪・月輪の二寺だったそうだ。日輪寺のお堂の全焼は3回もあったそうで、その度に再建される八溝山信仰というのはすごいね。

GPSロガー Googlemap

ログは下りだけ。

ちなみに山頂行って五水回って日輪寺に戻ってきたらえらい晴れていたので、車で山頂まで行ってみます。

ビフォーアフターどうぞ。

ビフォー アフター

晴れた晴れた。電波塔が目の前にあったなんて気づかなかったよ。

展望台 磐梯山

展望台から磐梯山

展望台の眺望もよし。磐梯山見えます。

八溝山 八溝山林道

下山は「八溝山林道」で。もうここがメイン道路でいいと思う。

遠鳥居 遥拝所

八溝山の遥拝所があるというので行ってみた。車で行くのも大変な山だから「八溝知らずの偽坂東」なんて言葉もあるらしい。遠くからでも拝ませてほしいという気持ちわかる気がする。

山頂が見える

展望台と電波塔

八溝山制覇。機会があれば福島県道377号「八溝山線」も走ってみたいものです。(2019/10/17以降現在まで大雨による法面崩壊により全面通行止)

太平洋の朝日

あんこううまし

今年もまた美味しいあんこうをいただくことができました。いわきから大洗まであちこちであんこうを食べてきたけれど、北茨城が一番です。

2019-12-08

加湿器を買わない除湿機を使わない冬の乗り切り方

ウイルス対策のためには50%以上、ダニ対策のためには60%以下というので、室内湿度55%を目安にしています。

ところが、冬になると1階は40%近くになり、2階は70%を超える。

これは室温の差が大きいせいで、たぶん空気中の水分量自体は同じなんだろうけど、1階は暖房等で室温が15度を上回ってくると湿度が40%になり、2階の眠るだけの寝室は10度以下だから湿度が70%を超える・・という。

うーん理屈はわかったけど、つまり1階の加湿と2階の除湿が問題になります。

でも加湿器は持ってないし除湿機(どこクラ)を冬の間毎日使うのは面倒なので、それ以外の対策。

  • 1階の加湿対策

(1)エアコンを使わない

冬の暖房は、ホットカーペット(こたつ)と石油ストーブです。2階は暖房器具なし。

石油ストーブは灯油を燃やすときに水を生成するので加湿機代わり。反射型なのでお湯も沸かします。

(2)お風呂上りは扉を開ける

リビング・洗面・お風呂はつながってるので、入浴後はお風呂の扉を開けて湿度を飛ばします。ちなみに夏は室内扉は閉めて外窓を開けて湿度を外に逃がします。

(3)洗濯物の部屋干し

基本週末にまとめて洗濯派なのですが、冬はこまめに洗濯して部屋干し。

カーテンレールに、使わなくなったベルトを経由してハンガーすると楽ちん。ベルトは普段はカーテンの裏に隠れてます。

部屋干し PCの近くが乾きやすいとみた

  • 2階の除湿対策

(1)日中はカーテンを開ける

昼間カーテンを閉めていたのだけれども、そうすると寝室は基本閉めっぱなし。暗いし室温もあがらない。日中の光を少しでも取り込んで2階の室温を上げるため、カーテンは開ける。

(2)布団乾燥機を使う

湿度が高いと布団が湿気を吸い込んで、重い冷たい寒いの悪循環。布団だけでも乾燥させるために布団乾燥機を使います。

(3)休日昼間は窓を開ける

休日に1階で過ごすときには、2階の室内側の扉は閉めて、外窓を開けて、湿度を下げる。外気が入ると40%くらいにまで落ちる。(夕方に外窓を閉めると寝る時間には50%以上に回復)

2019-12-01

アイビーと南天のフレッシュリース

モクレン セダム

平日に落ち葉集めができないので、週末にまとめて庭掃除。

一面落ち葉っていうのも好きだけど、いつまでもこのままにはできないので全部集めます。

午前の陽の向き 午後の陽の向き

太陽が低いから、影で陽の角度がよくわかる。南東の庭は朝日が入り、南西の庭は夕日が入る。我が家は巽向きの家です。今年の冬至は12月22日。

アイビーリース ナンテンリース

今年も剪定したアイビーで束ねただけの簡単リース。

南天の鮮やかさが眩しいクリスマスカラーです。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2020 | 01 |