Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2007-01-20

寝具にこだわる

大学入学時にすぐ必要だからと生協で買った1万円ほどのシングル掛敷枕の3点セット。綿・ポリエステル混合。これに引越しに便利だろうと買ったマットレス付折りたたみベッドで、3年ほど使っていたらマットレスが壊れてしまった。ので、フレームのみになった折りたたみベッドに手作りスノコをして、ホームセンターで買った2千円ほどの三つ折れポリエステルマットレス。冬はこれに羽毛布団を合わせて、夏はタオルケットだけで寝ていたり。もう10年来。さすがに、へたってきた。敷布団は側生地が破れて中綿が出てきたりしていて。

特別底冷えするとか肩がこるとか暑すぎるとか感じていなかったのだけれど。だんなが末端冷え性で寝つきが悪く眠りが浅い。質の良い眠り。そんなことに感化されて、いろいろ調べる。調べるといろいろ、よい素材のものがあるらしい。ポリエステルやアクリルは安くて丈夫だけれど、保温や吸湿のことを考えるとあまりよくないみたい。今度買うならやっぱり天然素材!と決める。



そんなときに、新聞広告で3枚1万円のシルク毛布を知る。3枚1万円って安い。でも3枚もいらね。とか思っていたら、さらにラジオの特集で、良い睡眠は良い感触から、良い感触はやっぱりシルク。素材の構成が素肌に近いらしい。保温力も保湿力も高い。というわけでシルクいいなあ。欲しいなあ。で、調べたら楽天でかなりの数の取り扱いがあり、1枚3000~10000円程度で手に入ることが分かった。

いろいろ比較して、大きさ140cm×200cm、税・送料込み3000円で購入。安物だからどうだろうなーと思ったけれど、暖かいし柔らかいし気持ちよい。至福。シルクなので家で洗えないのと、安物は洗ったら柔らかさが戻らないらしい、というのが難。

どうせ安物だし、シルク用洗剤も持っているので自前で洗っちゃう予定。

暖かいので掛け布団は羽毛布団だけでよくなった。すごい。そもそも羽毛布団の上に掛け布団をするのは羽毛布団の機能を落としていて良くないらしい。



さて敷布団はどうするか。ふとん屋のおっちゃんブログでお勉強。掛布団より敷布団にお金をかけるのが良いらしい! すぐ感化されてキャメル(駱駝)敷布団が欲しくなる。吸湿が良くて、しかも逃がす。保湿が高くて、ヘタリにくい。洗える。敷布団に最適。ほうほう。

調べたらシルクの敷布団もあるということがわかったけれど、シルクは手入れも大変だし、耐久性もそれほど無い。なにせ高い。

綿の和布団がほんとはとても好きなのだけれど、重いのが難。洗うのも大変だし。ただでさえ干すのが億劫なのに、もっと億劫になってしまう。

ウールは軽いらしいけど、すぐにヘタってフェルト状になるらしい。

鼻炎持ちなので洗える合成繊維とかも考えたけれど、ここは天然素材にこだわりたい。

キャメルをなるべく安く買おう!とこだわっていると、3層構造の敷布団とか出てくる。ウールと混合だったり、片面シルクだったりするやつ。中芯としてポリエステルやウレタンが入っているもの。混合とか片面別素材というのはキャメルの意味が下がりそうなので却下として、中芯を入れるかどうか。ポリエステルは今までと同じになるので却下。ウレタンは流行の素材なのでよいのかなーと思ってたんだけど、湿度に弱くて、月に2~3回干せとか書いてあるのを見つけてがっくりする。そんな月に2~3回も干すヒマないよ。低反発の魅力半減。

幸い手ごろなキャメル100%発見。キャメル3.5kg。値段も税・送料込みで9190円。お買い得。

キャメルは加工が難しいらしくて、製造方法で良し悪しにかなり差の出る材質らしく、そこらへんが高いものとの値段の差かな、とも思うけれど、そこまで敏感体質でもないと思うから、ここらへんで手を打ててうれしい。



次はこれに合うマットレス。キャメルの敷布団は、弾力があるけれど正直あまり厚みが無い。キャメル敷布団(敷パッド)を販売しているところは、専用のハードマットを販売しているくらい。ところがこの専用ハードマットがポリエステルで、せっかくポリエステルから離れようとしているのになあと思う。

ウレタンは上記の理由で却下。

スプリングは大きくて重くて運べないので却下。

コイルは電磁波がうんたらと書いてあり、毎日PCの前にいるのにこれ以上浴びてどうする!というわけで却下。安いホテルとかにあるコイルマットレスとか感触好きじゃないし。

なんかないかなあ、と思ってたら、ラテックスという素材があることを知る。ラテックス(天然ゴム)。天然素材で土に還る(まあ、マットレスを土に還すような捨て方はしないだろうけど)。

反発力(弾力)があり柔らかい。ゴムなのでヘタリが少なそう。ダニが寄り付かない。洗える。吸湿はしないけど、穴をたくさん空けることで湿度を逃がすつくり。匂いが気になるらしいが、マットレスの上に直に寝るわけじゃないから平気そうだ。

調べてて、天然ゴムには過剰にアレルギー反応を示す例があることが分かったけれど、直接触れるわけではないし、天然ゴムにアレルギー反応したことないので大丈夫そう。

マットレスに直に眠るわけじゃないし、重いの嫌だから、厚さはそれほど無くても平気かなー。ヘタリを考えると入れ替えができる三つ折りが便利かなー、干しやすいし。という方向で探していたら、これもまた幸いに発見。ラテックスの厚さ4cm(全体で5cm)。値段も税・送料込みで9715円。

在庫処分で安いとのことだけど、在庫処分ものを探せるのもネットの利点かな。



通販なので、思い通りの品が届くかいつも不安だけれど、今回は当たり!やった!

固すぎず柔らかすぎず反発力あり。うれしい。

ひとりで眠るときはゆたんぽが必要だったけど、いらなくなった。

夏は涼しいのかなー期待です。

ちなみに枕は羽毛のを使っている。だんなはテンピュール。うちの母が買って合わないと投げていたやつを奪ってきた。


次はシーツ!

30歳になったら、ハンカチかタオルかシーツを全部上質のものに変えるという自分ご褒美をずっと予定しているのだけれど、シーツにしようと思っているところ。あと1年後のお楽しみ。

続きを読む

2007-01-19

雨風食堂(2)

日本酒備忘録。

ちなみに軽い・重いは主観で書いているので、なにがそういうふうに感じさせているか不明。日本酒度かと思ったけど、私が好きな八海山って+5とかあるしな。

  • 青柳の夜雨

北茨城にアンコウを食べに行ったときに宿で「日本酒を」とお願いして飲んだもの。「青柳の夜雨」(あおやぎのやう)。「燗でね」というので燗にしてもらったのだけれど、日本酒特有のむっとくる感じがぜんぜん無くて、口当たり良く、軽くて飲みやすい。

アンコウは初だったのだけれど、特にアンキモと合うなあ、と思ったお酒。


  • 赤城山

「赤城山」。だんなの実家に小瓶がたくさんあってひとつ戴いた。「男の酒」と銘打っていてなにが男だと思ったけれど、すごく重い。この重さが男か?というわけで、私はお猪口一杯もかなりきつかった。んんん。


  • 香取

今年の初詣で買った香取神宮の御神酒。

結婚式を挙げたときに三々九度で飲んで(ああ、あれは飲むものじゃないとか言わないで)一口目で美味しい!とか結婚式そっちのけで思い、式の後でなんていうお酒ですか?と訊いたら「香取」です。と教えていただいたもの。

今、神棚に置いている。そのうち飲もう。いつ飲もう。(どきどき)

続きを読む

2007-01-03

今年は三社参り

あけましておめでとうございます。

12月からだんなが宇都宮にお世話になっているので、今年は二荒山神社に参拝。二荒山神社は下野一の宮。東武駅とJR駅の真ん中。道路の広さとか、さすが門前町。急な階段を登る。華美な飾りはなくて、色も地味に、土着の感じ。夜中に神社前でカウントダウン。都市部のせいか焚き火とかしていなくて寒い。破魔矢を購入。やじりと土鈴付。2千円。おみくじは小吉。「運気容易に開けず口舌多し急がず時の到るを待ちて事を行え」とのこと。今年はいろいろ控えめに。それにしても寒い。

それから、毎年のごとく、香取神宮。香取神宮好きだなあ。境内のつくりもすきだし、神殿や門の造りも好き。池がもう少しきれいだったり、鹿を大事にしてくれるともっと良いのだけれど。去年の破魔矢をお焚き上げして、今年は御神酒を購入。

だんなは今年はだるまを買った。今年は元旦が大安だというので、買ったその日に目入れをする。

格子

今年は母上の絣格子の袷着物。赤白で正月っぽい。絣は寒いかと思ったけれど、暖かい。羽織も母のなので、袖丈が揃って嬉しい。帯はウールの半幅。だんなさまもウールの着物。横一文字だと緩むようなので、今年は片ばさみにチャレンジ。ぜんぜん緩まなくてよかった。私も片ばさみに結んで、おそろい。車にも乗れます。

あと、今年は一言主神社にも参拝して、三社参り。

続きを読む

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |