Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2019-10-06

お菓子の家サンタムールのレアチーズケーキとモンブラン

ケーキ屋さんが多い守谷市でも屈指の名店・サンタムール。

http://www.saint-amour.co.jp/

ケーキの種類が多くて、比較的安い、そしてどれも問答無用においしいので、いつも人気で、その人気さのあまりに敬遠する店です。

レアチーズケーキとモンブラン

これは! 私の最も愛するレアチーズケーキと、季節の王様モンブラン!

私が毎月のPMSをやりすごすべく、もくもくとお裁縫をしていたら、外出していただんなが買ってきてくれました。おいしい。甘さが沁みます。ありがとう。

レアチーズケーキとモンブラン

コーヒーは上司からもらったチャリティコーヒー。おうち猫カフェ。うち猫いないけど。だんなを猫代わりになでます。えらいえらい。

2019-10-05

彼岸明けの庭仕事

今年は9月23日(月)が秋分。9月26日(木) 彼岸明けです。お盆に出した掛軸を片付ける。

夏の間、暑くて手をつけられなかったのだけれど、ようやく庭仕事再開です。

 

・芝刈り

芝刈りと蚊遣り

暑さでまだらに枯れていたのだけれど、暑さが落ち着いたらまだらもとれてきました。

先週、雑草を取って伸び放題になってたキワやてんこ盛りに生えたところを芝刈り鋏でカットしておいたので、芝刈り機の刈り高38mmでコロコロ転がります。

一段階下げて、32mmでさらにコロコロ。集草袋があまり役立ってないので、熊手で集めます。

まだまだ密度が足りないと思うけれども、手抜き手入れではこんなものかなあ。目指すところは芝のカーペットではなくて、原っぱ庭。

気休めにサッチ分解剤撒いてみた。少し凸凹してきたのでもう少し涼しくなったら目土撒こう。

集めた刈草は、ベッド仕立てにしてるバラの下に敷き詰めます。雑草生えると面倒なので刈草マルチ。

 

・落ち葉堆肥

そろそろ落ち葉堆肥が完成の頃、と出してみた。今年は片方にやたら幼虫がいて、あまりの数の多さに面食らいます。うちの落ち葉堆肥を寝床にするのは、大抵カナブン。コガネムシには根も葉もやられるので害虫扱いなのですが、カナブンは落ち葉を腐葉土に変えてくれるので益虫扱い。

まあ今回みたいにホラー並の数が出てくると、いちいち区別するのが面倒なので、落ち葉堆肥と一緒にみんな庭に撒いちゃいます。

コガネムシの幼虫だって、土を耕してくれるという意味では益虫ですし。枯れない程度に食べてもらわないとうちの樹木はすくすく育って庭に収まらなくなるので、まあ適度に剪定してもらってるという扱い。

成虫はナツツバキの新梢が好きらしくて、美観が多少損なわれてしまうけど、まあそれくらいは許容範囲かな。

ちなみに違いは歩き方で、コガネムシだとさくさく動き出して土に潜ろうとしますが、カナブンはいつまでもコロコロしています。

(幼虫画像注意)

https://ameblo.jp/mocki/entry-12018601545.html

 

ところで、落ち葉堆肥にやられたらしく、顔にしっしんが出て大変なことに! このカラダ、庭仕事に向いてないぞう。次はちゃんとマスクしてやろう。

2019-10-02

沼田の桐下駄をオイルフィニッシュ

桐下駄

沼田の道の駅に寄った前回も桐下駄買おうかな、と気になってた。群馬県唯一の製造元、丸山下駄製造所の二枚歯下駄です。国産の材木なのに、2000円~3000円で購入できるのもお手頃。今回また同じ道の駅に寄ったので、買うことにした。

白木の桐下駄は、実は冬の履物。足袋を履く。

でも下駄を履くならやっぱり素足で夏かな、と思う。しかし素足だと絶対足の脂で足型ができる・・。そんなわけで、前からちょっと試したいと思っていた、桐下駄のオイルフィニッシュをやってみることにした。

鼻緒をマスキングテープで覆ってから、オリーブ油を染み込ませたウエスで塗りこみます。

桐のまな板の手入れと同じ。

桐下駄オイルフィニッシュ

うん。予想通りエイジング感がでました。

白木の白さや爽やかさはないけれど、肌に馴染む感じの滋味ある色合い。

さようなら塗り下駄

これまで使ってきた塗り下駄。左は高校生のときから、右は福袋に入ってたもの(14年前)。どちらもあちこち剥げてしまい、マニキュアで補修したりしてきましたが、ゴム底も削れてしまったので、両方破棄です。ありがとう。2out1inです。

歯の桐下駄は歯がなくなるまで履けるそうなので、大事に手入れしながら使いたい。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |