Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2019-11-23

楽天買いまわりヨシ!

お買い物リスト

買うのは決定だけど、急いで購入する必要がないものは、メモ帳にお買い物リストをつけておく。

楽天のマラソンやSALEに合わせて買いまわりするリスト。

思い出せないものは買わない、という人もいるけれど、私の場合は、買いまわりでまとめて買う方が安くて確実だし労力もかからない。

キャンペーンは毎月やってるから、大きなものを買うときとか、ある程度数が溜まったら買いまわりです。2か月に1回くらいのペースかな。

10店舗は達成したりしなかったり。リストも書いておきながら買わなかったりもする。

買いまわりに一役買ってるのがROOM。

楽天ROOMは、買いまわりするときの在庫チェックリストのようなもの。

リピ購入するために利用しているので購入の際に内容を更新しています。

楽天ROOM(リピお買い物リスト)

リストの消化で大体7店舗くらい。

あと何か買い忘れや補充品はなかったかな、と考えて、2店舗追加。

それから、あまり考えてなかったけど、たまには変わったもの買おうかなで、1店舗。これで大体10店舗達成です。

この「あと1店舗」という予定外の買物が、買いまわりの醍醐味かもしれない。

この「あと1店舗」は、だいたい1000円程度の食べものと決めていて、ドライフルーツ・お菓子・粉末系ドリンク・缶詰・冷凍食品、あたりが定番です。

10店舗達成

今回の10店舗リスト。

1.買替:だんなのベルトポーチ

2.買替:だんなのPC用マウス

3.買替:私の仕事靴用インソール

4.買替:こたつカバー

5.補充:スキーワックス

6.補充:オールインワンジェル

7.補充:ジャワティ・プレジデント

8.補充:ピューラックス・トイレブラシ・ウェーブ・カレーの素・オイスターソース

9.補充:バイオカビ剤

10.新規:ドライフルーツ

全部で税込31,000円の買い物でした。今回のマラソンが今年最後になるのかも。

2019-11-19

10月の携帯代とプラン変更

携帯料金

先月のスマホ代。4台分です。大体毎月こんな感じ。

周りにワイモバイルユーザーは少ないけれど、ddipocket時代から愛用しています。

料金と品質と使用頻度が合致して満足しているので、格安スマホに変えるつもりもないです。

だんな:3003円(基本料2980円+通話料20円+ユニバーサルサービス料3円)

わたし:2522円(基本料2980円+通話料42円-家族割引500円)

だんな両親:2491円(基本料2980円+機種代金1011円+通話料0円-家族割引500円-2年縛り割引1000円)×2

税:553円

 

そんなところに、耳より情報。

ベーシックプランへの変更について 現在の契約

2年以上契約していれば、スマホプランS(基本料2980円)からスマホベーシックプランS(基本料2,680円)に変えるだけで、月額300円も値引き。ふたりで600円も値引き!

だんな両親は今年の正月に機種変更してかんたんスマホに切り替えたばかりなので、2年縛り継続中ですが、だんなと私は2年以上契約しているので契約解除料9500円を免除。うれしい。

スマホプランSのデータ通信量は月額2GBだったのに、ベーシックプランSは3GB。

さらに新規割で6か月間700円割引。ふたりで1400円も割引!

いいことしかない。

9月にYahoo系アプリが「Android5.0以上じゃないと使わせない」宣言するものだから、増税前にと「Android One X3」を購入して切り替えた。おかげでデータ通信量が増加傾向にあったので、3GBになるのがうれしい。

節約は、固定費の見直しが一番効果あると思う、という話。

 

(参考)縛りなしの料金プラン新登場(ワイモバイルHP)

https://www.ymobile.jp/sp/ym/?ref=topimp

↑これみてもプラン変えれば安くなるというのに気づきにくい、という罠

2019-11-05

旅靴にダナーフィールド

これまで私の旅靴だったティンバーランドのブーツのソールがべろりと剥がれてしまった。

購入したのが2014年だったから、5年も経てばよく仕事してくれたと思う。

かかとがとれた ティンバーランドのブーツ

育った革も愛着があり、メリノウールの素材は冬も温かく、かなりお気に入り。

代わりになる靴がないので、とりあえず1000円で糊付け補修してもらったのだけれど、「登山用には使わないように」と釘を刺されてしまった。

登山、というほど本格的な山登りはしてないのだけれど、思い立ってふらりとトレッキングに行くことがあることを考えると、次の靴を考えないといけない。

そんなときに出会ってしまった、ダナーとスノーピークのコラボモデル。DANNER FIELD PRO。

スノピとダナーのダブルネーム 2018年モデル

ダナーが必要なほど本格的な山登りはしない。でも今回のようなソールが剥がれる経験はもう3回目。次はソール交換ができる靴が欲しいという気になった。

ダナーフィールドは、ダナーファンからみると、けちょんけちょんに言われる(そもそも登山靴ではない)代物なのだけれど、メインは旅靴だし、登山というほどの山登りはしないし、私にはちょうどいいんじゃないかと思った。

後押ししたのは、増税前の「3割引」。在庫処分なのに、サイズもぴったり。

DANNER FIELD PRO. トレッキングにいい

タウン仕様だからと思って、もっとゆるゆるに履くつもりだったのだけれど、ティンバーランドより遥かに山仕様になっていて、硬くて重い安定感。紐もきっちり締めないとしっくりこない。

そんなわけで、ちゃんと脱ぐときは紐を緩めて、履くときは締めなおす、という手間をかけております。

ちなみに靴紐はスノピのPRO仕様ロープ(灰赤)バージョンもあり。

靴箱 靴箱

ティンバーランドは、思い切って捨ててもいいんだけれど、しばらくは併用しようと思っている。靴箱では、夏靴を隅に追いやって、どんと鎮座。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |