Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2019-02-25

今年の春一番はふきのとう

新芽前の消毒も終えて、あとは春を待つだけ。

ツバキがちらりと赤くなりはじめた。小春日和で勘違いしたレンギョウがぺろっと黄色い花をのぞかせてる。

今朝は特にあったかい、と思ったら、フキノトウが芽を出している。

まだ大丈夫だろうと夕方見たら、もう花が咲き始めてた。

慌ててつぼみを収穫。苞(ほう)でしっかりくるまれてます。

ふきのとう

天ぷらは面倒かな~と思ったので、しっかり塩ゆでしてから、煮びたしにしました。

煮びたし

春の苦み。大人の味。

2019-02-17

ほんとうはそこらへんに野良どうぶつがいればいいのにと思う

今日は春の空だ、と思う。2月になってご近所で梅の花が咲くと急に春めいてくる。

バードケーキはそろそろ終わり。実家からでこぽんが送られてきたから、鳥さんにもおすそ分けしてあげようかな。

メジロとスズメ

メジロとスズメはフィーダーで一緒に食事。

スズメ

今年は小鳥御殿をつくらなかったので、スズメが群れでやってくる。

ヒヨドリ

雑穀だけ置いていてもよりつかないヒヨドリも、バードケーキは食べる。

今年のバードケーキは牛脂で固めました。

牛脂はスーパーで無料で手に入るからうれしいな。(店によっては制限かけてるとこもあるようなので要確認ですよ)まあラードでも200円程度ですけれど。

ムクドリ

ムクドリはいつもペアで来ます。仲良し。

ムクドリは鳥害で有名な鳥だけど、こうやって近所迷惑にならない程度ならかわいいものです。

ほんとうは鳥以外の動物も庭に来てほしい。野良猫や野良犬がそこらへんにいてもいいのに、と思う。人口密集の住宅街じゃ色々問題があるのはわかるから、心でこっそり思うだけだけど。

「AMAKUSA1637」のラストで、ニホンオオカミが住宅街闊歩しててそれを許容できる社会が描かれていて、その発想に感動した。

参照:月刊フラワーズ > インタビュー > 赤石路代

守谷市の緑の街づくり・グリーンインフラを応援しています。

参照:市政情報 > プロジェクト > 景観・緑化

参照:守谷版グリーンインフラの推進

2019-02-16

2018-2019スキーシーズン(あぶくま洞)

スキーするために郡山まで来たもののスキー場に雪がない。ので年末はあぶくま洞に行きました。

あぶくま洞イルミネーション

意味もなくイルミネーションもしてます。

福島トップレベルの観光地・あぶくま洞は、行くなら冬です。人は少なし寒くもなし。広大な駐車場!真冬なのに10台以上駐車されてることに驚きが隠せません。

せっかくなので一般料金1200円に探検コース200円追加します。え、ここ進むの?というくらい狭い、しゃがむ、頭上注意の楽しい探検です。そして広い!

あぶくま洞

外はマイナス気温ですが、ここまでくるとかなり暖かいです。

あぶくま洞

元・石灰岩採石場!

福島空港 ウルトラマン

ついでに福島空港にも行ってみました。地方の空港大スキ。ウルトラマンは垂れてました。

ちなみにこの日に大雪降ったので、翌日のスキーは絶好調でした!

沼尻

1月は珍しく快晴スキー。そういえば沼尻2回目のリス遭遇でテンション上がる。

スリッパ

今年は使い捨てスリッパ(ビジホ提供)という味方もつけて、休憩中に血流回復です。

ネコバンバン1級

パラレルができるようになったので、だんながお祝いにステッカー増。

NBB認定!(←なんちゃってバッチテストバッチリ認定)。

いや猫バンバンステッカーがかわいいっていうだけ。うむ。よく滑れるようになりました。


2018-2019スキーシーズン(しぶき氷)

沼尻スキー場

年末と1月の連休で早割チケットを使い切ったので、今年はついにWEBクレジット購入。発券機でサクッと受付します。

ひえ~

年末に大雪が降ったあと、あまり降ってないみたい。2月のハイシーズンなのに、雪がかたい。

毎回楽しみにしているお兄さんの絵が「雪かたいからきをつけてね」というくらいには、アイスバーンでした。カリンコリン。

初心者泣かせ! 14時頃、観光に切り替えることにします。

この時期限定の福島観光、しぶき氷!

しぶき氷

看板がなければ気がつかないな、って感じの道を進みます。

道案内 しぶき氷

片道20分くらいは歩いたかな。何気に踏みしめられた雪道は滑りやすくて注意。

しぶき氷

しぶき氷

しぶき氷 しぶき氷

氷がいろんな形をしててすごい。そして鳥もたくさんいるので野鳥観察にも。

傘のあと

たぶん、傘のあと。

2019-02-11

山形蔵王の樹氷を愉しむための8つのこと

今冬のスキー場は年末に大雪が降ったあとの降雪が少なくて、2月のハイシーズンなのにアイスバーン。

初日でスキーを堪能しきってしまい、3連休の2日目はスキーをやめて観光にすることにした。

この「スキーするために郡山まで来たもののスキーをしない」という時のために、福島のメジャー観光地は敢えて行かない、ということをしてきたのだけれども、ずっと残してきた「大内宿」「あぶくま洞」「しぶき氷」というカードをこの時点で既に切っており、今冬で福島のメジャー観光地を制覇した感がある。

次に「真冬にも愉しめる観光」カードは、日帰り入浴可能な秘湯巡り、神社仏閣巡り、リニュアル後の野口英世記念館(つまり再訪)、となるわけだけれども。

「スキー装備」「冬真っ只中のハイシーズン」「日帰り往復可能な範囲で観光」の条件を鑑みて、山形まで樹氷見に行きたい!と思い立ち、蔵王まで行くことにした。

えへへ、この「●つのなんとか」ネタ、一度書いてみたかったのよね。長文です。

(1)渋滞回避は諦める

(2)渋滞の列から外れて別の楽しみを見出す

(3)食料と飲み物を確保する

(4)最大防寒の装備で行列に並ぶ

(5)窓を拭くタオルを持参する

(6)ゴーグル必須

(7)帰りの行列も楽しむ

(8)見られたものを楽しむ

続きを読む

2019-02-02

リピート確定の八千代町立図書館

学術系やマイナー新刊等で読みたい本が市内の図書館にない場合、茨城県図書館情報ネットワークカーリルを使う。

私がインターネットというものに関わりだした20年前からの、夢の図書館横断検索! 10年ほど前に開発システムのテストに付き合った経験があるものとしては、ついにここまできた!という感慨があります。(カーリルがAmazonアフィリエイトプログラムというのが至極残念ではあるけれど、情報が享受できるのはありがたい)

守谷市は県境なので、茨城県だけでなく千葉県や埼玉県でも探せるカーリルは便利。

図書館経由で他の図書館から借り受けることもできるけれど、時間がかかるのでその場の数時間で読める本ならドライブして図書館に行って読む。

でも直接図書館に行くとなると、車での行きやすさ=駐車場の広さや混雑度合い、図書館のゆったりさ加減等で探すことになります。まあそうなると千葉県埼玉県は行きにくい。駅前の図書館も行きにくい。

で、今回は八千代町立図書館に行ってみました。図書館に一日居座るつもりで行きます。

参照:八千代町立図書館

・土曜日なのに駐車場ゆったり。

・喫茶コーナーとして自販機ありの休憩所あり。

・何より館内に椅子が多い。空いている。広い。

・本のセレクトが私好み(コミックあり)。

・歩いて行ける範囲に食事ができる店あり(そば・中華・定食)

合格点! 守谷市の中央図書館もかつては上記のようだったのだけれど、人口が増えたせいか、いついっても混雑です。いす取りゲームをするのも嫌なので、最近はもっぱらオンラインでの貸出予約で受取返却に行くだけ。ひとりで過ごす休日は公民館にある図書館分館に居座るのが定番だけれど、配架数が少ないのが難。

八千代町立図書館は守谷市から1時間ほどのドライブで、程よい距離感なのもいい。

図書館

図書館の敷地が広く、建物の隣に私の好きな、無駄空間だだっぴろいだけの公園を備える。

それを眺められる自然光を取り入れた憩いのコーナー。素敵すぎる。

静かに、だだっ広い空間を見る、そういえば、私にとってキャンプはこういう時間の過ごし方だったハズなのになあ、ということを思いながら、今私のキャンプ娯楽が地方図書館訪問に移行しているのかも、と思ったりして。

ワンフロアだけのこぢんまり図書館ですが、セレクトが好ましい。図書館員が知恵を絞って工夫しているのがわかる。いいなあ八千代町民。産直にでも寄ってお金を落とそう。

町をあげてハクサイ一押ししてて、ドライブしているだけでも一面ハクサイ畑ですが、ふるさと納税みると色々あるみたい。

参照:茨城県八千代町のふるさと納税のお礼の品

まあ私は現地に直接お金を落としたい派なので、ふるさと納税はしないけど。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |