Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2013-09-28

ポストカード9枚を飾る

歌川国芳「金魚づくし」のポストカード9枚をいつかどこかに飾ろうとずっと保管してきたのだけれども、ようやく飾ることができました。絵の楽しみ方は色々あると思うけれど、金魚づくしは生活の傍らに置いておいて時々目に入ってふっと笑える感じで楽しみたい。というのでリビングの玄関脇の身支度場所。ハンガーラックの横。上着をかけたりとったりするときに、ちら見してにやりとするのがいい。

金魚づくし

フレームはseriaで100円。意外にこういうシンプルでフック付の木枠フレームがなくて探した。

ハンガーラック

前のアパートでは、壁掛けのハンガーラックが備え付けであったのだけれど、今度の家には無いので、ハンガーラックを購入。

40平米の部屋から引越して、追加で買う家具はこのハンガーラックとペンダントライトくらいかな。ドラム型のペンダントライトお気に入り。

2013-09-24

桧原湖・早稲沢浜キャンプ場(2)

一年以上テントを張っていない!

去年の7月の青木湖のあとは、9月に谷川岳に登った後、スキーに目覚めて1月と2月に裏磐梯のグランデコに2回行き、3月に恒例の榛名合宿、4月に筑波山登って、6月に愛媛にホタルを見に帰省、夏は新居の手入れに奔走。うん、テントを張る間ナシ。

というわけで、ようやっとキャンプに行くことができました。

3連休は雨の心配なし!というわけで、持っている幕を全部張ります。初日、幕を張って昼寝してカレーつくったら終わりました。幕は特にかびてもいなく、安心。

奥が桧原湖

そういえばテントとランカスター写真、初かも。アウトドアっぽい。荷物の積み込み楽になりました。

サイドウォールは目隠し代わり

一番奥の場所にした甲斐あって、誰にも邪魔されず最大限面積使ってみます。

テントの中より撮影

キャンプサイトから磐梯山も少しだけ見ることができました。

 

2日目はカヌー!というか前に来たときから水深1m以上下がってるのではないかしら。というので行ってきました大山祇神社。

湖の中の鳥居

丸太みたいなのが、前は見えなかった湖の中の鳥居。

上陸

参道から上陸してみました。切り株みたいなものが参道の木が朽ちたもの。沈んだ桧原宿の人たちは、あちこちに移住したようだけれど、そのひとつが早稲沢。キャンプ場の名前が「早稲沢キャンプ場」だったり「早稲沢浜キャンプ場」だったりと、浜がついたりつかなかったりするのは、元々の地名は「早稲沢」でそこが「浜」になるなんて思ってなかったわけだから、「早稲沢浜」なんて地元の人は言わないんだろうな、なんて考えてみたりする。ちなみに鳥居は平成17年に新設したようです。湖の中の鳥居はどうやって建てたのだろう。

 

水深が下がったために、立ち枯れの木が水面に出ているところはあちこちあって、カヌーが乗り上げないかとちょっと心配。でも探検気分です。上陸も前はできなかったところに行ってみたり。

裏磐梯の定番sio-yaラーメンと湖望のお風呂を堪能し、キャンプサイトに戻ればもう夕暮れです。

 

3日目は、せっせと道具を片付けて、福島県立美術館「若冲が来てくれました」の最終日に駆けつけ。プライスコレクションはほんとセレクトが面白い!展示の仕方もテーマがあって見ごたえありました。「鳥獣花木図屏風」なんてレプリカつくって大浴場とかにタイル張りで飾って欲しいわ。最終的には日本のどこかの美術館に寄贈してほしいなー。

 

県立美術館の隣に県立図書館があるので、ついでに図書館にも立ち寄ります。磐梯山がジオパークに認定されたとかで特集あり。噴火で地形が変わって、変わってもそこの土地の恵みで生きていくということの逞しさ。磐梯山登りたくなりました。

2013-09-16

ユニットバス交換

ユニットバス(旧) 給湯器(旧)

お風呂BEFORE写真

 

小さな家なので、ユニットバスも0.75坪サイズの小さなものだったのだけれど、それでもアパートのユニットバスから比べれば広い。

それでも許せなかったのが浴槽(バスタブ)の狭さ。ひとりが入ったらぴっちり。なにこれ節水仕様?アパートの浴槽と比べても狭い。

それから排水口の造りのまずさ。これ、絡まった髪の毛どう処理したらいいんだろうっていうつくり。(私は家の掃除の何が一番嫌いって自分の髪の毛の処理が嫌い)

なんだか高規格で、追い炊き機能もあれば、浴室乾燥機やら室内干しのバーまでついているのだけれども、ガス代も電気代もかかるし使わない。

なんていうか当たり前だけれども、売主とはお風呂に求める根本的な考え方が違うんだろうねえ、としみじみ思ったのでした。

 

家は現状売りと言われたので、気に入らないなら自分たちで設置する必要がある。ユニットバス工事って、実際にどれくらいするんだろう。ネットを調べるも、工事費の目処がつかない。

ユニットバスのどれを買うかはカタログを見ればいいけれども、どこの工務店に工事をお願いするかは、土地勘のない我々には厳しい。今回ユニットバス工事をお願いする工務店さんには、いずれ家の補修として屋根や壁もお願いすることになるかもしれないわけで、長いつきあいと思うと慎重にもなる。

1箇所、設備費工事費込の全費用込で1坪ユニットバス税込70万・ガス給湯器税込15万と価格開示している会社があった。いろんな状態の家があるから、工事費が明記できないのは素人の私でもわかる。そんな中での全費用込の価格提示。ありがたい。ここが金額の目安になりました。

この良心さに感謝してぜひここにお願いしようと思ったのだけれど、ユニットバスが指定されていたので、やはり現物を見てからと新宿のショールームまで行ってきた。

が、このメーカーさんの浴槽は狭かったのです。浴槽を広くするのが目的なのに、広くならない工事してどうする・・・。と、がっくり。

せっかく新宿まで行ったので他のメーカーも見よう、と一日で回れる範囲の新宿ショールームはあらかたいきました。ショールームは行って良かった。お姉さんと話をして見積を出してもらうのは面倒だったので、いろいろ自分たちで見ただけだったのだけれど、これでずいぶん自分たちがほしいお風呂機能を絞り込むことができました。

100万近く払おうかっていうんだから妥協するわけにはいかない、というので、私たちがお風呂に要求する機能で絶対に譲れなかったのがこちら。

1.浴槽(バスタブ)を広く

2.浴槽洗い場兼用水洗(別だと浴室が狭くなるから)

3.ゴム栓(プッシュ排水栓壊れる)

4.追い炊きしない

5.掃除しやすい排水口

まあとりあえず客の間口が広そうな最寄のジョイほんに行って話を聞くと、概算でも工事費入れて100万超。がっくり。でもここで上記5つが可能なのはLIXIL(キレイユ)だけ、ということが判明!

LIXILの取扱があって、ネットで工事費込みの価格が明示されているところ・・と、さらにネットを彷徨うと、ありました。1坪ユニットバス税込77万円・給湯器税込15万円。

まあ私たちの悪いところで、予約せずに直接ショールームまで行ったら担当がいないということで、結局日を改めて家まで来てもらうことに。正直ショールームの担当女史が、あからさまに「ワタシ担当外ですので」っていう対応するので、この会社どうだろうなあと思っていたけれども、担当さんはいい方でした。(どういう担当さんをよしとするかは個人の判断に任せます)

見積は、ユニットバスと給湯器合わせて88万。この見積で工事をお願いすることを決定しました。家を見てもらった結果、0.75坪はいわゆる1216サイズというものが標準なのだけれども、家の壁が分厚いので、これが入らないかもしれないとのこと。

言われていろいろ仕様を確認してみたら、1116サイズというものが入っている。家の壁は確かに省令準耐火構造で石膏ボード12.5mmが使われている結果、1216サイズが入らない・・・(!)

数センチなので石膏ボードを削ることもできるけど、家がパネル工法なので壁は薄くしないほうがいいですよ、といわれ、それに納得してS1216サイズにしました。結果としてキレイユで一番小さな浴槽を入れることに(それでもアパートより広い)。そしてS1216サイズをカタログに載せているのLIXILだけで!いろんなメーカーみていろいろ条件考えてみたけど、最初からこの1種類って決まってたのでした。

 

キレイユEセット S1216サイズ

・標準 アーチラインFRP浴槽(ゴム栓)(ホワイト)

・標準 タオル掛

・標準 くるりんポイ排水口

・標準 平天井&サークル照明

・標準なし カウンター・ミラー・収納棚

・オプション追加 キレイサーモフロア

・オプション追加 サーモバス

・オプション追加 兼用壁付サーモ水栓(クロマーレ)

・オプション追加 壁アクセント張り(グリーンストライプ)

・オプション追加 フリーサイズ窓枠(元々の窓枠を使用するので)

で、一番小さなサイズを入れることにした結果、できるだけ広さを感じられるようにと、いろいろ標準でついてくるものをはずすことにしました。鏡はどうしようかと思ったけれども、鏡裏がカビて掃除ができないことをアパートで経験済だったので結局据えつけず。

風呂の要望は基本だんな任せにしていたのだけれど、真北の風呂になるのでサーモ仕様にして、アクセント張りで1面だけグリーンにしてもらいました。

まあ、これを決めるまでも大変だったけれど、これを決めたあとも大変でした。

工事は5日かかるので仕事休まなきゃいけないし。完成したと思ったら浴室パネルに傷が見つかって補修してもらったり。脱衣所の床パネルは従来のものをそのまま使うはずが使えず一部張替になった結果、微妙に色違いを使う羽目になったり。工事用の養生テープが浴室横のトイレドアの突板の印刷剥がしちゃって補修してもらうことになったり。排水がダブルトラップでうまく流れないというので、屋外の排水蓋を息抜きできるのに替えてもらったり。

まあトラブルもあったけれど、浴室工事に合わせて色々やってもらった(別料金とられず)のもありがたかったです。旧ユニットバス廃棄に合わせて引越粗大ゴミを廃棄してもらったり、屋根裏の点検口つけてもらったり、ドアの補修を剥がされたとこ以外に元々剥がれてたところも一緒に直してもらったり。

ユニットバス(新) 給湯器(新)

お風呂AFTER写真

給湯器工事(140,000円) リンナイ エコジョーズ RUX-E2400W(リモコン2機)

浴室工事(677,000円) LIXIL KireiyuS1216

計 817,000円

別途ガス工事16,800円

途中でユニットバスの仕様が変わったので最終価格も安くなりました。今回のことでわかったのは、ユニットバスというのは、設備費の標準価格=設備費の割引額+工事費となるのが相場らしいです。

給湯器はだんなのお気に入りリンナイにすることができました。床置きが壁付になって小さくなった。24型じゃなくても良かったけど小さくしたからって安くなるわけじゃないというのでこのサイズ。追い炊きほんとにいらないですか?と念を押されたけど、いやほんと使わないのでいらないです、とお断り。

ユニットバス反対側 はさまれて水切りされるズビズバさん

反対側はこんな感じ。お掃除は無印のバススポンジとズビズバさん。

洗面器とバスチェアも新しくしました。

銀イオンの洗面器がかわいくなるのをずっと待っていたのよ~。

2013-09-07

置き畳

畳の部屋がない。

15帖のLDKだからといってダイニングテーブルやソファを買うつもりもない。

生活スタイルがごろ寝スタイルなので、仕方なくフローリングに直でごろごろしていたのだけれど、なんちゃってフローリングなので、ぺたぺたする。

カーペットやラグも考えたけれど、でかい布モノは扱いが大変。というので、置き畳を買うことにした。

 

高いのも安いのも感想が似たり寄ったりなので、安い方で。結果的には正解でした。

1.ずれるのを懸念していたけれども不織布がしっかりしてて思ったよりずれない

2.中材がフェルトなので柔らかい(通常は集積材)

3.薄い(1.5cm)と段差が気にならない

4.軽い(1.2kg)なので掃除が楽

5.小さい(70cm)ので16枚買うことになったけど正方形におけた!

6.破れたり駄目になっても買い替えに負担がない(1枚2500円)

 

ビフォー。(掃除中なので窓辺にいろいろモノを置いている)(実は掘りごたつがあるのだけれども、使い勝手が悪くて使ってない)

フローリング(掃除中)

アフター。憧れの市松模様置き!(琉球畳じゃないけど)

置き畳(掃除中)

で、こんな感じです。満足~♪

置き畳

 

置き畳

2013-09-06

家を買う

アパートの周りの空き地がどんどん売れて、賃貸駐車場がどんどん住宅に変わっていく。うちは車2台持ちなので、1台はアパートの無料駐車場だけどもう1台は借りてました。そしてその借りている駐車場は、守谷市に住み始めてから3回も場所を変えた。そしてその全てが住宅に変わりました。

4回も駐車場が変わるのはやだなあ、とだんなが言いはじめた。アパートでは雨漏りも経験したので引越熱はじわじわと上がってた。守谷駅まで徒歩15分というのは魅力だったけれども、夜遅く店もない通りを15分も歩くのは正直怖い。同じ15分なら、駅までバス15分でもいいかもね、という気になってきた。

 

守谷市内で、都市ガスが使えて、駐車場2台、40平米以上の広さがあって、家賃は5万円台。借りてた不動産屋に他のアパートでそういうとこありますか?と聞いたら、今は全部ネットに公開してるから自分で調べたほうがいいよ、と言われる。最初は別のアパートに引越すつもりでネットを検索していたのだけれど、ついでに中古住宅も検索するようになった。真剣に家が欲しかったわけじゃないけれど、このままアパート代を払っていくのもなあ、と漠然と思っていた。いつでも引越できるのは魅力だけれど、アパート代はただ消えていくだけで何も残さない。投資というほど大げさなものじゃなくても、自分の土地を持つというのは、保険になりえるかもしれない。

そうやって、ぐだぐだと気が向いたときに別のアパートと中古住宅を検索する、それが2年くらい過ぎた。この間で気になった物件は7件ほど。実際に自分の足で見に行き、駅からの距離と家の古さと土地の相場がどれくらいかの勘を身につけたつもり。いくつかはだんなにも見せたけど、全然だんなの食指動かず。

築20年以内、借金もそんなにしたくないので購入にかかる費用全コミで2000万以内という購入ラインを決めた。が、そんなの全然無い。全然無いけどまあいいや、と思いつつ調べる。

そんな中で、今の家を見つけたのでした。いろいろ私が考えていた条件をクリアしたのも良かったけれど、だんなが一目見て気に入ったのが、私の中では決め手でした。

だんなは駐車場3台という1点だけで買う気になったのだけれど。駐車場3台というとこんな大きな家いらない、という家がついてくるものですが、1階にLDKと風呂トイレのみ・2階に2部屋と納戸だけというこのこぢんまりした家が、私たちにはちょうどよかったのです。

 

空き家だというので実際に家を見に行き、家や家の周りを見る。自転車で周囲を走り回って様子を見て、近所の人に話を聞く。平行して本屋に行って中古住宅の物件の見方と購入の仕方を調べる。不動産屋に行く前に予備知識を入れるだけ入れました。いい家だといいね、担当がいい人だといいね、売主がいい人だといいね、と祈りながら、下見しました。

 

下見の前はホームインスペクション(住宅診断)も考えてましたが、床下の点検口を開けたらすごいきれいで、本に載ってた駄目住宅の造りはしておらず、素人目にもシロアリなにそれ?みたいな状態。残念ながら屋根裏の点検口は無く(点検口がないと住宅診断もしてもらえない)。雨漏りはアパートで経験済だったけどリフォームしてないという状態でも雨漏りのあとなんて無く。というかペアガラススゴイ!結露跡全然ない!築17年の割にはキレイねーというので、下見の翌日には購入の意思をお伝えしました。

一晩考えたのは、お風呂の狭さ。お風呂のリフォーム100万くらいかかるだろうな、というのが予想で、それが予想外の出費になるわけなのだけれど、自分たち好みの風呂につくりかえよう!というので、お風呂のリフォームも一通り調べました。給湯ガス器具が17年間一度も変えてないだろうという古さでこれは使えないだろうと判断(下見の時には確認できず)。購入前に売主は使えると言ってたけれども実際使えませんでした。現状売りということがわかっていたし、リフォームするつもりだったので売主に文句を言ってませんが。

不動産の担当さんはいい方でした。おかげで銀行の担当さんも紹介していただき、ローンも保険もスムーズでした。(10年固定金利1.35%というのは色々調べても最安の部類)

元々売主が提示してきた最低価格を不動産屋がさらに頼み込んで下げた価格だというので、値切りも一切せず(できず)、我々もいい客になることができて、とんとん拍子でいい買い物ができたなあという感じです。こういうのはほんとに縁だなあと。

図面とか、家の情報は全く無いという話だったけれども、引渡しの日に売主さんが新築時のカタログと図面を探して持ってきてくれて、それがとても有難かったです。中古で買う以上、家の素性というのは詳しければ詳しいに越したことはない。

 

ちなみに購入前からの懸念だった屋根裏の点検口は、お風呂リフォームのときについでにやってもらえるというので、購入後すぐとりつけました。が、パネル工法ということで屋根裏もびっちりパネルと断熱材で覆われており、まったく周囲を見渡せず、点検口としては意味を成さない点検口になってしまったけれども、屋根裏がどうなっているかの資料は全く入手できなかったのでパネルと断熱材が入ってたことがわかっただけでも開けてよかったです。

買ってから鍵は速攻で替えました。ネットで同型鍵を売っていたので購入・交換。ネット時代様様です。

 

2013年は結婚10周年の記念の年なのですが、車を買い家を買いで、さらに記念の年になりました。またちまちまと、家と暮らしのことを(備忘録も兼ねて)書いていくつもりです。

2013年カレンダー

2013年カレンダー

藍染の2013年カレンダー http://litmus.jp/

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |