Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2009-07-20

本栖レークサイドキャンプ場(2)

今年も7月の3連休は本栖湖へ。今年は小さいテントだからと言って周りから追いやられないように、予約をして区画サイトを押さえます。8m×8mが我々の空間に。HPから予約フォームで申込できるのは便利だけれども、連絡は電話。電話嫌いだからメールでいいんだけどなー。「サイトはいっぱい」らしいが「1区画予約しました」とのこと。

7時チェックインなので6時45分到着。早く来てくれたのでいいところを、と案内していただく。係員のおやじさんがいいと思うところ=私たちがいいと思うところ、ではないのは、仕方ないか。私たちはカヌーを出すので一番前が良かったけれども、2列目。まあ一番前だと傾斜がきついので妥協。

去年はフリーサイトだったところまで区画されていて、浜の部分はほとんど区画されてました。ここまで区画だとテントとタープが別料金、てのどうなんだろうなーと思う。最近は前室がスクリーンタープになってる2ルームタイプの巨大テントが多いから、あれでテント代だけで済むのかしらん、ずるいわー。

トイレは相変わらず。今回はコンクリートトイレの簡易水洗を利用。ほかのキャンプ場もそうだけど、キャンプ場のトイレっていい加減全部センサーライトにすべき。虫多すぎで泣ける。

まあ、そんな感じでキャンプ場はいろいろ不満もあるけれど、湖が奇麗だからもうそれで全て容赦。

テントとタープ

連休初日の早朝は人も少なくて気持ちがいい。

TT2+ペンタ

お天気はずっと曇りで、ときどき雨がぱらつく。ペンタのお尻を伸ばして小川張り。巻き結びでポールを固定。TT2と連結しての雨仕様です。

一眠りして、早速カヌー。お天気が悪くても本栖湖は青い。青くて美しい。晴天だったらもっと青かっただろうに。写真写りが黒くて残念。

カヌーでおでかけ1・漕ぎ出すと富士山 帽子をかぶった富士山。

カヌーでおでかけ2・溶岩地帯 底が見える美しさ。

カヌーでおでかけ3・湖中央 水面に広がる雨の輪。

カヌーでおでかけ4・もぐらん 折り返しポイントでエサを撒くので魚影が見られるもぐらん。

カヌーでおでかけ5・レイクサイドと浩庵の間 岩場の花。

カヌーも随分巧くなったおかげか、本栖湖を小さく感じるくらいスイスイ。だんなはシングルパドルのひとり漕ぎも上達。すごい。

本栖湖は上陸ポイントも少なくて、湖岸も植物も単調な感じだけれども、水が美しいからもうそこで漕いでいるだけで心が洗われる。パドルを全部沈めてもパドルの先まで見えるのだ。湖は静かで、風がないから静水面は鏡のようで、雲や霧をのんびりと眺めながら漕ぐ。

天気が悪いので、水温も低くて、シュノーケルセットも持ってきたけれども潜る気になれず、カヌーばっかりしてました。

シトロネラ蝋燭とデュラレックスプリズム

雨はいつまでもぱらぱらと降っていて、風がなかったのが救われた。夜はかなり降ったみたいだけれども、翌日は少し晴れて風も出て、なんとかテントを乾かして撤収。チェックアウトが12時なので、早朝カヌーも出来るし、ゆっくり片付けられて嬉しい。

帰りに西湖の様子を見に行ったら、釣りもウィンドサーフィンもキャンプも、やたらうるさくて驚いた。本栖湖もかなり混んでいる方だと思ったけれども、本栖湖の静かな感じはほとんど無くて、これだったらずっと本栖湖にいるのがいいな。

富士宮市に下りて、やきそば食べて、浅間大社を参拝。いつものように足柄SAで1泊。お風呂が気持ちいい。渋滞を避けて4時チェックアウトです。早朝帰宅で3連休の最終日は洗濯。充電、完了。

カトラリー"snowpeak和武器"・"チタン先割れスプーンショート"

キャンプゴハン

本栖湖でのキャンプゴハン。レイクサイドは一度駐車すると車の出入れが大変なので(狭いから)、買出ししない。家から持っていった食材を使いきり。トマトとキャベツの野菜スープとソーセージ・卵、フランスパンのフレンチトースト・チーズのせ。ささやかな食事。最近食欲減退気味だったから、こんな簡単な料理でも、なんか久しぶりに料理した気がする。

そうそう、絶対買わないと決めてたスノーピークの和武器。雪峰祭でTT2を当てたときに一緒についてきてしまって、竹だから先が潰れるわ(竹の箸は買わないと18の時から決めている)、丸いから転がるわ、で、これだから和武器は駄目だと思っていたけれど、とりあえずいろいろ試行錯誤した結果、転がらないようにするにはハンドタオルの上に置くのが一番楽だという結論になりました。

お気に入りのチタン先割れスプーンショートと一緒に使っています。

ケースの定位置

ペンタの下にロープを1本張って、いろいろ吊り下げているところが、ケースの定位置。

炭熾し"UNIFLAMEチャコスタmini"

キャンプで使う燃料といえば、いろいろある。

我々も以前は専用ガスカートリッジが必要なものもあったけれども、遍路をしていたときに、専用品は高いし、どんな田舎でも入手できるというわけではないというのを痛感して、カセットガスへと移行。

だけれどもカセットガスは冬の火力が弱いし、お湯を沸かすのは得意だけど、魚を焼くには使い物にならない。キャンプで使うには物足りない。

そういうわけで他の燃料を探す。薪は、家から持っていくにはクルマのスペースを食いすぎるし、すぐに燃えて無くなってしまう。ホワイトガソリンがやたらうるさいのを知った。灯油やアルコールは、ライトにも使えるけれどもライトは電池と蝋燭で足りているので、垂れたり漏れたりすると面倒。

 

扱いが楽で、料理に使えて、持ち運びのスペースを食わず、燃費が良くて、あわよくば暖房にもなる燃料、ということで、現在は炭がメインです。炭も、安いのから高いのまでいろいろ使ってみたけれども、昨冬一酸化炭素中毒になりかけたので、今まで手を出さなかった備長炭にすることにした。

そうなるとネックは「炭熾し」。

今まで使った中で一番気に入っている岩手切炭は、火持ちのよさといい、灰の扱いといい、値段もそこそこで文句ないのだけれども、でもけっこう火熾し苦労してた。岩手切炭は黒炭だから白炭に比べれば着きやすい方。備長炭の火熾しは不安・・・、というのでついに買いました。UNIFLAMEチャコスタmini。

チャコスタmini

備長炭は、国産で、岩手切炭と値段が張り合える程度(1kg500円相当)ということで、宮崎の宇納間(うなま)備長炭を購入。

最初は説明書通りに、着火剤(ベスター1本)・黒炭(安いやつ)・備長炭。30分でチャコスタから出せる程度に! 2回目は、着火剤(ベスター3本)・備長炭。同じく30分で完了。チャコスタ凄い!

備長炭は、最初に火熾しした炭で2時間余裕で料理できる火持ちのよさに感動。石のように硬い備長炭は少し動かすのにも崩れたりしない。灰も飛び散らないし泥みたいにならなくて扱いが楽。煌々としている炭はほんとうに奇麗でこれから備長炭オンリーでいけそうです。

2009-07-05

梅仕事2009

6月29日に仕事を休んで、衣替えと梅仕事。

ジャパンミートで3Lの和歌山産南高梅3kg購入。最高級、と書いてあったけど、1kg750円とお得。通販だと送料かかっちゃうから、近場で買えるのは嬉しいな。粗塩は250gにして8%ほど。

重石は毎年のごとく4.5kg。

今年も順調に梅酢が上がりました。きれい。

和歌山南高梅

重石は1kgにして、盛夏を待ちます。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |