Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2008-11-23

テント "snowpeak トレイルトリッパー2" 張り縄とフッキングコード

トレイルトリッパー2(TT2)は最大17本のペグを利用するのだけれども、その17本の内訳は以下。フライがインナーに接触するのを嫌うだんなは、毎回さくさく全部ペグ打ち。

・日の字ビルディングの固定(6本)

・前室パネル(2本)サイドドア(1本)後室パネル(2本)

・フライ用張り縄(4本)

・後室グロメット(2本)

このうち、もやい結びを必要とする張り縄が、フライと後室グロメット。

改めて気づいたけれど、フライの張り縄。今まで使ってたサウスフィールド(SF220TK)の張り縄は、スリーブのインナーからフライの穴を通してテンションをかけてたので、かなり強度があった。

TT2はフライにガイラインが縫い付けてあり、それにロープを通して引っ張るので、フライシートに随分負荷がかかる印象がある(やぶれたりしないかしらん)。まあ最近は山岳テント以外みんなこの形式のようなので、平地使用なら大丈夫だと思うけれど。

それから、インナーと接触させないための後室グロメット(短辺中央にある)の張り縄。これは、SFはテンションコード(ゴム紐)だった。テンションコードの方が、気温や湿度で伸び縮みする生地には負荷がすくなくていいと思う。ところがTT2はわざわざ短いロープ。たかだか20センチ程度を引っ張るのにロープを結ぶのめんどくさーいと思い、早々にテンションコードに替えてやろう、と思ったところ、ちょうどいいのがありました。

それは、TT2のフッキングコード。

フッキングコードは、前室パネルの裾にくっついていて、本来はこれをバイクなどにひっかけてパネルの跳ね上げをするというもの。しかしバイクには乗らないし、跳ね上げにはポールを使用するので、なんだかじゃらじゃらうるさいなーと思っていたのです。

じゃまだからはずしちゃえーとはずしてみると、なんだか長さもちょうどよさげ。というので、後室グロメットにテンションコードとして使用してみました(写真矢印)。

フッキングコード

ばっちり。満足満足。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |