Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2008-06-15

オートキャンプ那珂川ステーション(2)

関東屈指の清流・那珂川。その河畔に位置する那珂川ステーションは、だんなのお気に入り。というわけで2回目の那珂川ステーションです。

ペンタ・ヘキサ風

この日は風が強いのと、雨がぱらりとしていたので、ペンタは前室代わり。川に向けてテントをたてます。1ポールに2本のロープを使うのは安定感あり。

那珂川ステーション

コテージの方は別グループが使っていたけれど、テントサイトの方は利用者なし! 那珂川ステーションは、区画されていないので人が少ないときはほんと開放感ある。川はきれいだし、鮎釣りの光景もよいし、橋を通る車やバイクがちょっと煩いけれど、申し分なし。まあしいて言うならキャンプ場に入るまでの道がもう少し広ければな~とも思うけど。

人もいないし、風もあるしで、車に積んだままのカイトを引っ張り出してきて、初・カイト!

しかしむずかしい~!何度もチャレンジして、ちょっとは飛ばすことができるようになった。まだまだコツがつかめてないな。練習が必要だ。

 

暗くなってきたので、焚き火して、炭火つくって夕食。今日は、茂木のスーパーで売ってた、明太子イワシ。イワシに明太子はさんである。炭火はじっくり焼けて美味しい。

炭火で炊くごはんも今回は成功!

ごはんを炊くのは、火力調整が難しいから、炭火では無理かなーと思っていたけれども、前回のちょっと微妙な焚き加減の反省から、調べて工夫。

土鍋de炭火ごはん(1合の場合)

1.水量は若干多め(230ccくらい)

2.よく吸水させる(30分以上)

3.蓋は最初30分は絶対に取らない

4.少し開けて炊き具合を確認

5.15分以上蒸らす(要・重し)

で、20分の時にちょっと不安になって蓋を開けてしまったせいか?ちょっと柔らかいものになったけれども、ちゃんと炊けた!うれしい美味しい。今後も炭火ごはんでいけそうです。

 

那珂川キャンプはドラム缶風呂あり。近くに温泉もあるけれど、ドラム缶が楽しいのでこっちに入る。野性味溢れる。

ドラム缶風呂

使用する際にその都度お湯を入れるので、お湯がたまるのを待つ必要があるけれど、ガス給湯なので熱いお湯がばっちり出てくる。体や髪を洗う場所としてはどうかなーとも思うけど、シャワーだけなのよりはずっとうれしいし、体が温まるのもうれしい。

 

さて今回は、エアベッドから切り替えて、インフレータブルマットの初使用。

イスカ・コンフィマットレス180

イスカ・コンフィマットレス180

価格:6,615円(税込、送料別)

イスカのコンフィマットです。厚みが2.5cm以上あって適当に安いのを探して、これに決定。

エアベッドで小さなテントを余計狭くしていたのだけれど、エアベッドが無くなるとなんだかすごく広い気分。いつもよりゆっくり眠れたかも。冬もインフレータブルで乗り切れそうなら、エアベッドはお蔵入りかな。

結局雨には降られずに済んだ。翌朝もゆるゆると朝食を食べ、タープの下でごろごろしながら、せせらぎを聞いて過ごす。もう少し暑くなったらカヌーにチャレンジしようかな。

2008-06-09

雨風食堂(6)

飲み会で飲み放題な日本酒は、店にオマカセでいいけれど、自分で一品一品料理を選びながら、好きな人と飲むお酒は、もうその店の一番上等なものを出してくれいう気概でいきたい。だって量は飲めないのだもの。あと、やっぱり飲むならその土地のお酒。

  • 立山

石川県に旅行に行って、旅先の居酒屋で頼んだ熱燗。石川のお酒だと思ったら、富山のお酒でした。辛口でちょっときついかなと思ったけれど、こってりとした料理に合わせると飲みやすい感じでした。

 

  • 千寿

久保田の千寿。何も言わなくても冷酒で出てきます。これぞ私の愛する日本酒だわ、というすっきりとした美味しさ。なんというかこういうと怒られるかもしれないけれど、私にとって日本酒の美味しさって「上等な水」というイメージなのです。

 

  • あさ開

日本酒が苦手だったときは、お酒特有のあのむわっとする感じがかなり苦手だった。あさ開もぬる燗にしてみると、そういう感じだったので、これはちょっときついな~と思いながら飲んだのだけれど、アジの香味焼をつまんでいたら、すっかり忘れていたので、結局日本酒は酒だけで楽しむものではないのだ、とか思ったり。

2008-06-07

テント "サウスフィールドSF220TK"

はじめてのテント

デュオテント考。はじめて買ったテントは2002年にアルペンで買ったサウスフィールドのトレッキング2人用。15800円。遍路用に持ち歩く(キャリーで運ぶ)目的で買ったもの。

・持ち歩くので軽さ重視(2kg程度)。

・初テントだったので安さ重視(2万程度)。

・安くてもフライがテントを全部覆うものであること。

・耐水圧が1500mm以上あるもの。

・ペグをしなくても自立するものであること。(屋根のあるところでインナーだけ立てることは、遍路では実際多い。災害時の体育館とかでも使える。)

・カラーリングは視認性の高い暖色のもの(黄色~オレンジ~赤~茶色あたり)。

当時からスノピファンだった私は、御茶ノ水のL-Breathに行ってランドブリーズ2と比べたけれども、ランドブリーズは重さも値段も倍近くするので挫折。

トレッキングシリーズは、サウスフィールドのテントの中では一番良いものでした。ブランド的魅力のなさは、アウトドア初心者の私でも知っていたけれど、2万以内で買えるし、スペック数値もそれほど悪くないから、と購入決定。

SF220TKカタログ値

遍路では、実に29泊もほぼ連続で使い、台風2回やったけど浸水もなし。破れることを見越してガムテープなんかも持っていたんだけど使わずに済んだ。

 

買ってから気づいた良い点がたくさんある。このテントは価格以上のスペックでとてもよいテントだった。

・設営のポールは2本。ジェラルミンほどではないがアルミで軽い。一方通行のスリーブ形式でわかりやすく、グロメットタイプではなくて、ポールにピンを刺して固定するので、風にも強い。

・Dドアで出入りしやすい。内側からメッシュドアだけにできるファスナーのつくり。ベンチレーターも背面に丸くひとつだけだけどメッシュつき。

・フライの短辺の裾中央がペグダウンできるので雨や結露にも良い。シーム加工もフロアとフライにはしてある。小さいながら前室があるので、靴はそこに。

・インナーの広さは130cm×210cmなので、デュオで使うものとしては小さい方だと思っていたら、120cmや110cmで二人用というものもあって驚き。デュオなら150cmは欲しいという人もいるけど、うちは普段から100cm幅のシングルベッドで寝ているので、幅130cmはそれほど狭いとは思わない。

 

テント購入検討中

しかし、いかんせんもう製造していないのです。これが壊れたらどうしようと思う。

オートキャンプを始めてから、このテントではいろいろ不十分だと思うようになった。もちろん今でも充分足りているのだけれど、もう持ち歩くわけじゃないから、軽くなくていいのです。

今欲しいと考えているのは、このSF220TKの性能を維持しつつ、以下の点で満足がいくもの。

・車に載せるので、多少重くてもいいしかさばってもよい

・ポールは3本まで

・シングルウォールは買わない

・インナーの広さ幅130cm以上

・大きな前室(ペンタがあるのでそれほど大きくなくてもよい)

・長辺の両方に出入り口(短辺の出入り口は狭く、長辺片側だけだと相手を乗り越えなきゃいけない)

・できれば国産

すべてを満足させるものがなくて、昔のカタログなんかみていたら、SF220TKの3人用にあたるSF230TKがまさにそれだった。もう製造してないよ。がっくり。

 

いちおう候補を挙げておく。

rakuten:snowpeakstore:10001794

スノーピークのトレイルトリッパー2。かっこいいんだよねえ。インナーとフライが完全分離だから、雨でもインナーだけ片付けられるのが最大の魅力。難点は、風に弱そうなこと。ポールをつなぐジョイントをなくしたりしないか不安なこと。

 

 

断念テント一覧

以下は悩んで買わないことにしたもの。

rakuten:snowpeakstore:10001819

スノーピークのリビングシェルS。丈夫でしっかりしてて風にも雨にも寒さにも強そうで、そしてなによりカッコイイ。ポールむき出しの美学。難点は重い。かさばる。組み立てや片付けが面倒そう。価格もけっこうするし、デュオで使うにはもったいないほどのハイスペック。SSとかつくんないかな・・・。

 

rakuten:naturum:11404874

小川のステイシーII。インナーの4面メッシュはすごくよい。フライとインナーの分離も魅力。クロスフレームでインナーだけ使えるのもいいと思う。TT2より広いのもいい。でもジョイントをなくしそうで不安。展示会見に行ったけど、どうしても形が魅力的に見えない・・。

 

rakuten:naturum:10805190

小川のアーディンDX-II。TT2より広いし、インナーが4面メッシュは魅力。でもインナーを立てないとフライが立てられない。風に弱そうで変則ポールが壊れないか不安。

 

rakuten:diy-liebe:10031056

小川のシャンティ。カタログ落ちということで50%OFFまで安くなったのだけれど、悩みに悩んで買わなかった。とても高機能でほんといろいろついてくる。最初のテントとして買うならこれひとつあれば満足だったと思う。でもタープはペンタを買ってしまったのでいらないし、ポールも持ってるからいらないし、ましてや金槌なんて付属でついてこなくていい。そういういろいろないらないものを持つのがいやだったのでした。

 

rakuten:auc-odyamakei:10002322

小川のアルバーゴ23。3本ポールで設営が楽と思ったけれど、ネットで使用レビュを見ていたら、小川のアフターサービスがあまりよくないといううわさに加え、風に弱くてポールが折れる(そして自前で修理)という記述が多くてがっかり。展示会で実物見たら、吊り下げ式インナーがかなりへろへろで美しくない・・・

  

rakuten:naturum:11260185

コールマンのファッドX3。やはり譲れないのがカラーリング。緑や青は嫌いじゃないけど、テントには使いたくないのです。コールマンあんま好きじゃないし。広いのに出入り口がひとつしかないというのも難。

 

MSRベロ MSR ベロ

MSRベロ。魚座型にクロスさせるポールの美しさ。スリーブが赤ですごくキュート。欲しくて欲しくて悩んだけれど、何をもおいて価格で断念。7万超えってほんとありえない。リビシェルが買えちゃうよ。

 

rakuten:lets-jct:10000096

モンベルのステラリッジ2型。サウスフィールドってステラリッジのパクリなんじゃないかと思うほどそっくり。価格が倍するだけあってつくりは良さそう。でも入口が長辺にひとつしかないので、サウスフィールドでもっとも不便だと思ってた点が改善されないのが難点。あと入口の2重ファスナー、メッシュにするのに一度全開しなきゃいけないのって駄目でしょう。

 

WILD-1 ツアードーム2

愛用アウトドア店オリジナル。値段も2万以内でスペックもいい。インナーだけでたてられないのが難。ちょっとぼてっとしていて形に魅力がないのが残念。吊り下げ式のインナーがかなりへろへろで美しくない・・・。

2008-06-01

江戸川下流域サイクリング

江戸川の葛飾橋から旧江戸川の妙見島までサイクリングしてきた。(理由割愛)

高速好き~なだんなは、谷和原ICから常磐道。三郷JCTで外環に乗って終点まで。外環はこの3月に少し伸びたおかげで、松戸の矢切まで一直線。矢切小学校の脇を入り、江戸川堤防まで行くと矢切の渡しの駐車場はすぐ。

矢切の渡しの駐車場は、10台ほどのものが2箇所しかなくて、9時に到着したけど、けっこう、満車。なんとか駐車できた。

続きを読む

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |