Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2007-12-27

ヨーグルトパン

HBパン、調子に乗ってまた作ってみました。

冷蔵庫に賞味期限切れ近いヨーグルトがあったので投入。ヨーグルトパン。

ところで、成形難しい。

きれいにまとまらない。

等分に切って丸めるだけなのに、おだんごやクッキーみたいにつくれないよ・・・?

2次発酵やっぱりよくわからないなー。

40度60分にしてみたけれど、やっぱり2倍にふくらんでいるとは言いがたい・・・。

せっかく切り込みいれているのに2次発酵中に切り込みがなくなっちゃう。

もしかして発酵しすぎているのかしら・・・。

焼成は200度20分でやってみた。

シナモンロールは焦げ気味だったのに、今度はあまり色つかず。

これはもしかしてバターの含有量で焼き温度が違ってくるとかいうパターンかしら・・・。220度くらいでも良かったな。うーん。

オーブンのクセはわかってたつもりだけど、ケーキとパンでは全然違うなあ。試行錯誤。

ヨーグルトパン

というわけで不器用な形で完成。切り込みいれてるのにアスタリスク型にならないよ。

でもころころ生地がぷっくりするのかわいい。パン可愛い。

表面はクッキーみたいにさっくりできた。中はしっとりもっちりほかほか。できたてはおいしいわ~。

続きを読む

2007-12-26

ウエルシア 守谷ひがし野店

ウエルシア

守谷市ひがし野2-2-5

ドラッグストアだけれど、ほかにも生鮮食料品の取り扱いがちょっとあったり、冷凍食品が安かったり、する。乾物も調味料も洗剤も常備薬も日用品もあるので、基本、ここで揃える。カネボウの錠剤漢方の種類が多いのもうれしい。

品揃えは多少偏りがあるので、売ってないものは他で買うけどね。

いつ行ってもそれなりに混んでいて、地元の人に愛用されてるなって感じがする。

月曜日はポイント2倍なので、月曜日にしか行かないんだけれど。

500ポイントが20日には750円になるので、20日が月曜日にならないかなあとか思いつつ貯めたり使ったりしている。

ポイントカードはそんなに好きじゃなくて、あんまり使わないのだけれど、ここは一番利用してる。ここに行くようになってからマツキヨに行かなくなったのでマツキヨポイントは使いきり。

近所で、駐車場が入りやすくて出やすいのが実は一番お気に入り。

レジが下手なのが難。

2007-12-24

シナモンロール

何度目かの「かもめ食堂」を観ていたら、シナモンロールをつくりたくなった。

パンは結構スキで、パン屋さんもよくいく。お惣菜パン大好き。

ナショナルのホームベーカリーも焼きたてが食べたくて買ったのだけれど、食パンしかつくってませんでした。

パン作りの何が嫌だったかって、発酵の温度管理・・・。これがもうさっぱり理解できなくて。ピザ生地くらいしかつくったことなかったのです。

まあでもHBもあるし、なんとかなるんじゃないかとチャレンジ。

1次発酵はHBまかせ。パン生地もとりあえずHBのパン生地レシピに従う。

生地を伸ばして、バター塗って、シナモンかけて成形。

ここはやはりかもめ食堂風に台形に切って半分に折る。

2次発酵はオーブンさん登場。

オーブンは18のときに買ったのをいまだに使っているけれど、そんな機能があったの、今日知りました。

水を入れた小皿を入れて、40度で、待つこと60分。

ほんとに2倍に膨らむのか半信半疑でしたが、それなりに膨らんでくれました。

次は焼成。

予熱して、照り出し用の卵を塗って、オーブンに入れる。

190度で焼くことは分かってるんだけれど、何分焼くか。

15分と書いてあるのもあれば40分と書いてあるのもある・・・。

パンってどこで焼けたかどうか見ればいいんだ・・?と不安になりつつ、20分焼成。

一個割ってみたら焼けてたので安心。

シナモンロール

焼きたて、しっとり、さっくり。うまー。

えー初めてにしちゃ、上出来かな?

表面はちょっと焼きすぎた感あり。

もっと薄くしてから巻いたほうがロール部分がきれいだったかな・・。

何回かやってみないとわからないな。

次はくるみとかレーズンとか入れてつくってみよ。

とりあえず最初のハードルを越えたから、卵塗り用の刷毛、今度買おう。(持ってませんでした!)

2007-12-23

味噌仕込みBY19

黒豆買った。

米糀買った。

塩はある。

さて、仕込みです。今年は黒豆の15割味噌。

黒豆大好き。大豆イソフラボンにポリフェノールと栄養価高い。煮豆もよくつくります。

最高気温も10度を切る日が増えてきて仕込み日和。

仕込みはキッチンの床でやるので、とりあえず床掃除から・・・(^^;

蒸しながら掃除です。

以下、仕込み手順メモ。

BY19レシピ: 大豆1500g 生糀2000g 塩620g (塩分12%)

1. 仕込みは12月中に。(テキストの目安:5度3ヶ月20度3ヶ月)

2. 糀は届いたらすぐ塩620gと混ぜて塩切り糀をつくる。すぐ使わない場合は冷蔵。粗塩を使ったけれど精製塩の方が満遍なく混ざるという話。でもミネラル分減るし、味が均一になっちゃうな。粗塩は固まりになってしまってるから、最初に砕いてから使うのがよさげ。

3. 前日から黒豆1.5kgをミネラルウォーター4L(豆の3倍量)で約16時間ほどかけて戻す。

4. 塩切り糀を出して常温にしておく。

5. 約1kgずつ圧力鍋で蒸す。指で押して潰せるほどまで柔らかくする。5分圧力+自然冷却にしたらちょっと固めに仕上がったので、10分圧力+自然冷却で蒸した。

黒豆

6. 熱いうちに厚手のビニール袋に入れてふみふみ潰す。

7. さらに塩切り糀を入れて混ぜる。

8. ステンレス洗い桶に移して種水(蒸し汁)を混ぜて捏ね、手につかない程度の柔らかさ(ハンバーグ程度)にする。

9. 一握りくらいの固まりをつくる。

10.熱湯&焼酎消毒したかめに叩きつけていれる。

11.空気が入らないように均す。

仕込み

12.表面に塩を振る。

13.ラップ3重+新聞+1kgの重しをする。

完成。

天地返しは、春土用(2008/4/17~5/5)と夏土用(2008/7/20~8/7)に忘れずに。

フィスラー圧力鍋

味噌づくりにも大活躍の圧力鍋は、私がハタチくらいのときに、かあさまから譲りうけたもの。

ていうかだんなが実家にほったらかしになっているのを見かねて、勝手に持ってきて私にくれたんだけど。

カレーや角煮の煮込み料理や、ポテトサラダつくるときとか、重宝してます。

長く遣ってるとゴム部分が劣化してくる。隙間から蒸気が漏れてるのがその証拠。輪っかのゴムパッキンは私が使いだしてからも、もう2本目です。高島屋の鍋売り場で購入。

今日は味噌づくりの時に、さあ大豆を蒸すか!と思ったら圧力かからない。あらら?どうやら圧力を抜く弁のところのゴムが劣化しているもよう。味噌つくれないー(><)とだんなに泣きついたら、分解して掃除してくれた。とりあえず今日はそれで使えたので安心。

早速部品取り寄せよう。

フィスラー圧力鍋ロイヤル(旧)

フィスラー圧力鍋ロイヤル(旧版)ステンレス4.5L

イワタニ・フィスラー株式会社

フィスラーはさすがドイツの会社なだけあって、何年も前の製品の部品を販売してる。私の使ってるのは圧力鍋ロイヤルの旧版なのだけれど、オフィシャルサイトで調べたらちゃんと部品が載っていた。劣化部分はアロマピーと言うらしい。こんな情報も公開してくれているところがうれしい。

私はよいものを長く修理しながら使う、を信条にしているけれど、なかなかそうはいかない中で、フィスラーはほんとよくやってくれるな、と思う。

聞くところによるとだんなが14歳くらいのときに、部品は一度全交換しているらしい。そろそろまた全交換する時期かな。

SGマーク

そうそう、記念に撮ってみました。今使ってる鍋の蓋に貼ってあるSGマークのシール。対人補償が昭和64年3月まで。古い。

2007-12-22

手袋にこだわる(再掲)

比較的、肌が弱い。すごく弱いというわけではないので、病院通いとかするわけではないから、気にならないときもある。薬を塗るほどじゃないからってほったらかしにするときもある。基本、オロナインとワセリン愛用。

でも、もう少し自分を労るというか、楽なやり方もあるんじゃないか、そういう努力は無駄じゃないかも。というわけで、日常使うものにはこだわりを。

グローブ

仕事で使ってるワーキング・グローブ。

仕事柄(司書稼業)、ダンボールや重くて大きい本を持つことが多い。素手でやると痛いし荒れるので、軍手を使う。もちろんこの軍手も滑り止めがついたタイプのものだったのだけれど、軍手の、あの独特の手首の締め付けがだめで(長時間使っていると手首に跡が残り痒い)、980円でちょっと良いものを買った。

合成革。洗濯も出来る。格好良いし。これを使ってもう2年以上。

この間ちょっと家に忘れてしまって、しかたないから軍手を使ったら、すべるすべる。無駄に力を使う。もう二度と軍手使わない。グローブ必須。もう手放せない。

さて、肌荒れネタでは毎日の食器洗い。

界面活性剤に弱いらしく、そりゃ2~3回なら平気だけれど、回数こなすとカサカサに荒れてくる。実家では界面活性剤20~30%のいわゆる普通の食器洗剤を使っていて、まだ高校生だったときはそんなに毎日手伝いとかしてないのに、指紋なくなるかも?というくらいだった。ひとりぐらしをはじめて、弱アルカリや界面活性剤5%とかのものを使っていたけれど、今はもう石鹸にしている。(廃油石鹸なので油も再利用で洗剤買わなくていいしね)

長く素手でしていたのだけれど、漂白剤の時とかに、だんなが持っていた「ニトログローブ」というグローブを借りてみたら、案外良い。

食器洗いの手袋といえば、ピンクビニールのあれ、というイメージが強いので抵抗あったのだけれど、グローブいいかも。と気づいていろいろ探してみた。

「ニトログローブ」みたいな厚手は繊細な食器が持ちづらい。

100円くらいの安いのは、指先に穴が開く。

ビニールオンリーは天然でもぴちぴちくっつくので着脱が難しい。

というのでたどり着いたのが、今のところこちら。

裏毛必須。薄手もよいけど、中厚手くらいの方が、冷たい水や温水で洗い流すときに便利と思った。(うちは洗い桶を使って溜め洗い。節水になるしね)

素材の感触も柔らかくてよい。

石鹸洗いなので、すべりがちだったんだけれど、これを遣うとそういう懸念が減った。なるほど、これがグリップ力。

裾部が短いのが難かな、と思ったら長いのもあるらしい。

これを使い倒したら次はロングにしようかな。

ワークマンで380円で購入。

シャンティ【閉店】

シャンティ入口

取手市戸頭7-2-6

カメラのキタムラの隣にあるインド料理やさん。

カレーなんて言ってはいけません。インド料理。

インド料理はたまに食べたくなるのです。

アクロスモールに入ってたインドカレーやも好きだったのにな・・・(閉店)

さて、シャンティ。

基本、たまねぎがたくさん入ったカレーで、辛さは希望で変えられるとのこと。辛さが苦手な私は甘めにしてもらったけれど、そのままでもそれほど辛くないので、辛いのが好きなひとは辛めにするといいかもしれない。

私が好きなのはエビのカレー。

ここは3種類もエビのカレーがあってうれしい。4尾も入ってるし。

チーズナンが、チーズピザか?ってくらいチーズたっぷりでボリュームあり。うまい。

チャイを頼んだら、正統派チャイが出てきてうれしい。ちゃんと牛乳で入れてあります(牛乳膜付だ)。

メニューが豊富なので、また行きたいと思わせるお店。

難点は食事が出てくるまでに時間がかかること。

カレーだからすぐ、と思ってるとびっくりするほど遅い。

ナンが出来立てだから許す。

2007-12-19

湯たんぽの季節

ゆたんぽの季節です。

最初はだんなさまの末端冷え性対策だったのだけれど、今や私が愛用。

ブリキのゆたんぽを使っていたのだけれど3年目にして錆びさせましたorz

いや、買うときから錆させるだろうなってわかってたんだけどね。デザインも実はそれほどスキじゃなかったんだけどね。実家がプラスチックゆたんぽだったから、一度あのレトロなブリキとかいうやつを使ってみたかったのよ・・・。

さて買い換えるにあたり、候補は3つ。

寝相悪いので陶器は対象外です。

候補その1 無印のPE湯たんぽ 2.5L

無印がゆたんぽ出すなんて~! ゆたんぽが見直されてきた証拠ね。

基本、ゆたんぽはプラスチックが最良と思う。安いし耐久性もあるし火傷しにくいし。けっとばしても平気だし。朝はゆたんぽの湯で顔も洗えるし、かなり使い勝手良い。さらに無印は半透明だからどこまでお湯をいれたかわかる優れもの。

欠点は、口まで満水にしないと容器が凹んで傷むこと。毎回満水分のお湯を沸かさねばならないこと。大抵2.5Lだから、うちのやかんじゃ2回沸かすか、別のやかんが必要になるのです。

あとデザイン・・・。

ブリキも同じデザインで、実はちょっと我慢して使ってたりしたんだが、楕円で表面が並状なのって、どうしてもGの卵を連想してしまう。実は流行の掃除機の本体とかも苦手(あの光沢とかさ・・)。

そしてそもそものプラスチック・・・。

目下、ここ3年ほど、プラスチック排除運動中なのです。食品を入れるプラ容器で許されるのはジップロックだけ!なのです。あと乾物入れになってるのがあるくらいかな。一人暮らしはじめたばかりの時に買ったプラ容器は10年使って、その色と匂いのつきやすさ・とれにくさに閉口。順次、琺瑯とガラス瓶に差し替えられているところです。

候補その2 純銅製湯たんぽ

もうなにを差し置いても格好よい。うっとり。

湯量が850mlと少ないのに、これで充分というユーザーが多いのも、銅の伝導性の高さを物語る。

しかし、高い。金属なので火傷の可能性がある。そして銅は錆びる。

うちの中では銅製品なんて、唯一茶筒のみです。殺菌力の高さを買って茶筒は順次(10年計画くらいで)銅か錫にしていくつもりなんだけど、ゆたんぽの水をそこまで殺菌しなくても、顔洗うくらいだしねえ。

候補その3 ステンレス湯たんぽ

で、錆びないステンレス。ステンレス万歳。金属の中で一番スキかも。取り扱い楽だし。酸にも塩分にも強く、匂いも色も移りにくい。

難点は、銅と同じく値段が高い。

そして金属なので火傷の可能性がある。

まあでも、やけどについてはこれまでのブリキも同じだし、ブリキでやけどしたことないから、まあ多分大丈夫じゃないかな?と、踏んだ。

で、ステンレス購入♪

ゆたんぽ

丸くてかわいい。

これねえ、工房アイザワの商品なのです。ちゃんと裏にアイザワって彫ってある。新潟の燕・三条ファンの私としては是非応援したい。というわけで奮発購入。ポイント使って送料込み4000円でした。

袋付きのも売っていたけれど、袋はあるので未購入。うちは厚手のフリースを手縫いして作った適当な袋で使ってます。

水が一度に出なくて不便というユーザーがいたけれど、これはまあペットボトルと同じでまわしながら出せばすむ話。

やかん

帰宅してストーブつけると同時にやかんをのせる。

ちょうど部屋が暖まってくる頃、やかんも沸いてくる。ストーブ消して、やかんはゆたんぽへ。

だからゆたんぽはけっこう早い時間からふとんのなかに入れている。背中あたりに置いておいて、寝るときに足元に持っていくと、体も足も温まってうれしい。

そんな使い方でも朝まで充分暖かい。ステンレスは熱伝導率が低いからどうかな、と思ったけれど、温まりにくいってことは冷めにくいってことでしょう。

あーこのステンレス金属の塊。うっとり。ぬくぬく。

2007-12-15

味噌完成BY18

12月8日。去年つくった味噌を開封です。

味噌開封

ばっちり。カビ無し!

たまりしょうゆ

たまりしょうゆもたっぷり。くーうまー刺身食べたい。

味噌6kg

BY18味噌は糀を多くしたので、6kg完成。

でも去年ひとりぐらしだったからまだ2kg残っている。

今年は年末に実家に帰るから手土産にしようかな。

 

BY18味噌は糀を多くしただけあって、かなり甘めの味噌になった。

かなりコクがある。のは、うれしいんだけど、毎日これだと飽きそうだな、というのが正直なところ。

 

今年のレシピはどうしようかな~と思っていたら、土門商店さんで黒豆の味噌づくりセットを販売してた。さすが丹波黒豆。高い・・・・(--;)

まあでも、黒豆で味噌っておいしそう。黒豆好きだし。栄養価高いし!

というわけで今年は黒豆味噌。

BY19レシピ: 大豆1500g 生糀2000g 塩620g (塩分12%)

いつもの八百屋に行ってみたら黒豆の新豆入荷。地元産だから安い。1kg550円。

あら、去年の青豆より安いわ。大助かり。

糀はだんなの地元・佐原からのお取り寄せ。去年よりちょっと奮発。

来週末仕込む予定です。

2007-12-10

黒檀の箸

実家は竹の箸をずっと使っていて、箸の先を折ったり潰したりしては、新しいのを買っていた。私はそれがいやで、一人暮らしをはじめたら竹の箸は買わない、と心に決めたものだ。いまだに塗箸も好きではない。(塗りがすぐはげるので特別なときにしか使えない)

で、18のときに、雑貨屋で「硬くて良い」と書いてあった紫檀と黒檀を比べて1時間ほど悩み、さらに悩みぬいて2膳買った。黒檀の手彫り箸。1膳980円だったと思う。箸に1000円も払うなんてと当時は思ったものだけれど、その2膳の箸が、現在も現役である。

なんのメンテナンスもなしで、余裕で10年使えた。

気に入ったので、今年追加で2膳購入。大阪の陶器市で手ごろなものを見つけた。黒檀の箸、と言っても実はデザインがいろいろで、八角や六角や丸や捻りといろいろある。値段もぴんきりで、200円のもあれば、8000円のもある。

ほんとは、追加で買うときはもうすこし値の張るものを、と思ったのだけれど、結局同じデザインのを1000円で買った。箸専門店の「夏野」(参照)で散々触って、同じのが一番使いやすい、と思ったのだ。

新しいものはまだ表面に艶があって、古いものとすぐ区別がついてしまう。

古いものは表面の漆がとれてしまって、煤けている。それはそれで、気に入っている。

黒檀手彫り箸・新旧

2007-12-09

散茶廊(さんさろう)

散茶廊

岩井市辺田349-18

辺田の三叉路交差点にある、昔ながらのレストランカフェ。

スパゲティとカレー、サンドイッチとパフェ。

セットメニューが多くて、値段の割にボリュームあって満足。

そして珈琲。

コーヒー通(マニア)の店というからには、それなりにおいしい珈琲。こーゆー店はなんかのチェーン店なもんだがな、と思ったらドトール。田舎にはうれしいね。

昼時には、大抵マダムの集まりがあるようで、駐車場がいっぱいなのが難。

2007-12-08

風邪対策

ペンギンポット

2年前に買った卓上ポット。夏も冬も大活躍です。

1.5Lは重いといいながらも量はやはりベスト。2人だと飲みきりサイズ。

ラスト3杯くらいは、逆さにしないと出ないのが難だけど。

冬は特に、ティバックをヤカンで煮出しにして大量につくり、水分補給。

私の風邪対策は、お茶をたくさん飲むこと。

もちろん基本の手洗い・うがいは欠かさない。

お茶でうがいをするのも殺菌になってよいのよ。(うがい薬も常備してるけど)

あと葛根湯とビタミン剤。

葛根湯は1回4錠1日3回とか書いてあるけれど、夕食後や眠る前に4錠飲むのを隔日程度。漢方には即効性が無いけれど、免疫力なんかの底上げにはなっているんじゃないかと思う。

ビタミン剤は適当。肌が落ち着かないなって時に飲んでる。

あとマスクね。

電車通勤してたときは人からもらわないように風邪ひいてなくてもしてた。今は車通勤だからしてないけど。

来週は子ども相手の外仕事が3日も入っている。

もらわないようにしなきゃ。



今日のお茶は奥久慈の菊芋茶。ラストです。

次は何にしようかな。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |