Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2007-05-21

フォーミュラ・ニッポン2007(第3戦)inツインリンクもてぎ

97年にオープンしてから、一度は行きたいと思っていたツインリンクもてぎ。なんだかんだと行かずに、はや10年。

たまたまラジオでフォーミュラ・ニッポンの宣伝をしていて、それを聴いて行きたくなった。

日本独自の規格で行い、車体やエンジンの性能差はほとんどなく、ドライバーの腕やチームの采配が見所。誰が勝つか一番予想できないレース。日本最速の男・決定戦。ほうほう。

カーレースの観戦はもちろん初めて。予備知識は「capeta」(by曽田正人)くらい(笑)。

チケットはとりあえず初心者なのでパドックやピットウォークはなし。コースサイド駐車券も魅力的だったけどなし。予選・決勝2日間有効の一般自由席の観戦券のみ購入。

予選A席

サーキット場は屋外ということで、暑いことを予想して行ったら、予選はお天気が悪くて寒かった!

傘は持ってたけど、ウィンドブレーカーとかレインコートとか必須だった。まあたくさん売っているのでその場で買ってもいいんだけど、家にあるので買って増えるのがいやで意地で買わず。さむいーといいつつ観戦。(しかし晴れ間が覗くといきなり暑い)

予選は、くもり~小雨~大降りを繰り返していて、路面温度とか雨の状況とか逐一場内アナウンスされる。WET宣言が出されてタイヤ交換もあり、ピットは大変なんだろうけれど、初めて観に行ったわりにいろいろな状況が見られて面白い。

カーレースとしてはそれほどの人気ではないらしく(?)、席取り合戦とかせずに済んで、グランドスタンドのA席から全戦見られたのが良かった。

フォーミュラ・ニッポン(FN)以外に、INTEGRA戦・FCJ・F3といろいろあって、観る前は車の違いなんてわかんないやと思っていたけど、全然違うことが分かった。FNに比べるとINTEGRAのなんと遅いこと!(いやFNが速すぎるだけ)INTEGRAは来期からCIVICになるらしく今回で最後とのこと。えーINTEGRAの方が好きなのにな。

先導車がNSXだったりして、NSXがこんなところで仕事してる!とか細かく興味深い。

強いチームがどこかとか誰が優勝候補とか全然知らずに行ったけど、パンフを読んだり場内放送を聴いてるとだんだん分かって詳しくなってくる。あれがチーム応援で、これが選手グッズかーとか分かってくる。ふと気付くとサイン入りTシャツやサイン入りキャップを身に着けて応援に来てる人とか多い。うわー。

ところで最近買った双眼鏡が大活躍だった。

いやー買って良かった~!さすがに選手の顔まではっきり判別できないけれど、アストロビジョンでカメラ拡大した画面よりはっきり見られるのがうれしい。ラストにガッツポーズしながら入ってくる様子とかわかるし、クラッシュした車の様子とか見える。ピットのタイヤ交換の手際の良さとか見られてどきどきする。

予選では今期初の試みというスペシャルステージが面白かった!

一台ずつのワンアタック。一発勝負。

ブロックや追い抜きなどの駆け引きは見られないけれど、障害のない純粋にタイムで競うというのは見もの。何箇所か毎にベストタイムとの差がプラス・マイナスで出て、それが1秒以下の差で決定的な違いがあるのがわかってよかった。



歴代asimo

観戦の合間にツインリンクもてぎ内施設を堪能。ファンファンラボでは歴代asimo。これ見たかったのよー。asimoは何度か見たけれど、P3以前を実物で見るのは初めて。もう10年以上前にはじめてみた2速歩行の映像を思い出す。あの気持ち悪いほどの滑らかさ!

マクラーレンホンダ

Honda Collection Hallでは、歴代の本田車を堪能。(置いてあったのはほとんどバイクだったけど!) 私は特別本田ファンではないんだけれど、父が本田車しか乗らないので、私のお気に入りだったシティとか見つけると懐かしさこみ上げる。

カーレースに使った車体とかもご丁寧にふっるいのから全部残していて、驚く。私ですら知ってる日本全盛時代のマクラーレンとか当然あるしね。こういう古いのを残しているのはえらいなあ。失敗作もホンダのチャレンジ精神とかって残して展示しちゃうとことかすごいなあ。



決勝B席

翌日は決勝。快晴の全開走行。

風が強くてやっぱり寒い。傘を風除け代わりにして観戦。晴れてもウィンドブレーカー欲しい。また反省しつつ。

イベントで行われた「マスターズ・オブ・フォーミュラ」が面白かった!

メンバーには、私ですら知ってていまや監督となっている中嶋悟や星野一義が参戦。

短いコースだけれど、エンターテイメント性高くて場内を盛り上げる。

あと

1988年に中嶋悟がドライブしたというF1のロータス100Tのデモ走行。ターボ音を是非聞いて欲しいということだったけれど、エンジンの駆動音やキュイーンという高音が聞き取れて興味深かった。デモ走行のドライバーは中嶋悟だったんだけど、ブレーキングで180度回って見せたりしてくれて驚かしてくれる!

Honda Collection Hallに飾ってある車を動かしたということだけれど、20年前の車が現役で動かせるメンテナンス力ってすごいよねえ。

決勝レースは300キロということで62周も回る。1回必ずガソリン補給とタイヤ交換。ピット作業も真剣に魅入ってしまう。それにしても2時間近く走り続けるドライバーの集中力スゴイ。駆け引きやコーナリングがあちこちで展開されるが、グランドスタンドからはS字コーナーとか見えないのでアストロビジョンで見るだけ。うーん次回はグランドスタンド以外からも見たいかもしれない!



さて、予選決勝と2日間かかるので宿泊はツインリンクもてぎ内キャンプ場を利用しました。

ステイエリアという駐車場に無料でテントが設営できるとこもあるのだけれど、先着順なので混みそうだし、男ばっかりで怖いし、トイレとか無いようで、なんだか殺伐としそうで敬遠。

キャンプ場の空きを訊いたら空いているとのことで予約。

ハローウッズオートキャンプ場。

ビックイベントのINDYやMotoGPなんかは、値段もトップシーズンが適用なので、イベント中だから高いかなあと思ったけれどノーマルシーズン価格。林間サイトは3500円。

なんとこの価格の中には1泊分(2日分)の駐車料金と入場料も入っているというから驚きだ。しかもJAF割で1割引。うれしい。

さぞかし混んでいるだろうと思ったら、なんと林間サイト独占!

林間サイト独占

オートキャンプ場というと、電源付のいかにも多人数でバーベキューやります!みたいな個別スペースしかないところが多いけれど、このキャンプ場は林間サイトみたいな少人数向け・バイカー向けのエリアがあるのが嬉しい。

温泉施設はないはないけれど、管理棟でシャワーを使える。シャワー室はきれいだし、3分100円とかお金かからないのが嬉しい。混んだらどうかしらないけれど、かなり気に入った。

キャンプはやっぱ梅雨入り前がいいね。虫もいないし混んでないし、いやいや連れてこられたような子どもも少ないし。

今回のキャンプでは初・エアベッド利用。

テントにぎりぎりかなーと思ったけれど余裕で入った。電動なので楽に膨らむのも嬉しい。天井が低くなってしまうのは難だけれど、固いところで寝るとおしりが痛くなってしまう私としてはもう天国のような寝心地。

今回はグランドシートも良いのを敷いたおかげか、結露がほとんどなし!

いつも結露を心配しているだんなが大喜び。うれしい。



そういえばレースの合間には結婚式をしているカップルがいたりした。

S2000をオープンにしてコースを走るのです。前にビデオで録画する車、うしろに親戚関係者が乗るバス。観戦中のみなさまに手を振って去っていく。おおー。

これは本田好きやレース好きにはたまらないのかもしれん。

あとお兄ちゃんたちがすごいカメラを持っていると思ったら、車じゃなくてレースクイーンに群がっていた。おおぅ。そうだよね、あれはまあ1カテゴリとして存在するものだよね。もてぎエンジェルが残りタイムを掲示していたりレースクイーンが選手に傘をさしているのを見て、あー仕事してるなあ、と無意味に感嘆。



次回はレースのない日に来て、おとなカートとかNSXに乗ってレース場を体験走行とかしたい♪

2007-05-14

エゴの木

エゴの木

猿島郡境町大字上小橋564-5

 

レストランには、味で選ぶ店と雰囲気で選ぶ店とある。

この店を選ぶ理由は、雰囲気80%!なくらいの素敵な店。

いわゆる、純喫茶。

それも、神田の裏の方にあるハイカラな感じではなくて、田舎と昭和の匂いがする。

カントリーもここまで年季が入ると骨董だなっていう感じで、好みなのです。

狭い入口。

無秩序に見える庭は、レストランには不自然なくらい雑多だけれど、季節を感じられる。

誰もいないときは、入口脇の座席に、女主人が新聞を広げてAMラジオを聴きながら、煙草を吸って珈琲を飲んでいる。入ると、客というよりも話し相手が来た!という喜びで出迎えてくれる。このおばさまは、好みが分かれる所だと思うけれど、適当に話し、メニューを頼んで、脇にある雑誌を黙々と読み始めると、それに合わせてくれるので助かる。

ところでこの雑誌が、凄い。

趣味系雑誌で、今でいうところのサライなんかが、バックナンバーから山積みになっているのだが、特に「季刊 銀花」があるところ。しかも古いやつから。探したら創刊号とかありそう。

たとえば詩集や画集が、もう納まるべくして並んでいる本棚。

たとえば年代を感じさせる珈琲缶。

壁に並ぶカップすら、もうアンティークと呼んでもいいくらい。

これに似せてアンティークを気取る店はあるけれど、なんていうかそれとはほんとうに一線を画す。ここに入るとほんとうに30年以上もここで営業してきたんだなあって、思うんだ。いろいろな雑多なものが、彼女風味にまとめられ、そうして何年も熟成されたにおいがする。

「むかしはね、高校生がたくさん集まってくれたのよ」

というメニューは、手作り感ある、昔のプレートランチ風で素朴なおいしさ。

スパゲティ・カレー・ピラフ、そういう定番の洋食。

それから、ケーキ屋さんにつくってもらってるというケーキが、すごくおいしい。

それも、私の好きなレアチーズケーキばかり。

女主人ともうすこしなかよくなったら、どこの店のものか教えてもらいたいな、と思いつつ、たぶんそのケーキ屋には行かない。

ここで少し高めのお金を払って、ケーキを戴きながら、AMラジオを聴いて古い雑誌を読む。

そういう時間がすごく大事。

女主人には長生きしてもらって、ずっと営業していてほしい、と思う。

続きを読む

2007-05-13

ゆきつけコンビニ

コンビニの条件は

1.駐車場が広いこと

2.たむろ場になってないこと

個人的な好みでは

ミニストップ>ローソン>>>>サンクス>>ファミリーマート>>その他

という感じではあるのだが、

守谷のミニストはえらいたむろ場になっていて怖いので行かなくなった。

ローソンはないし。

そういうわけで目下のリピーターは

サンクス守谷鈴塚店とファミリーマート新守谷店。

サンクスはEdyが使えるので日常遣い。

店員がいつもくっちゃべってるのが難。

ファミリーマートはE-netが使えるので銀行代わりになっている。

広い駐車場の割に客は少なくてうれしいがいつか消えてしまうのではと懸念している。

2007-05-12

ラーメン遍歴

うちでは

天下一品(京都)

幻のラーメン(佐野)

殿堂入りしており、ランキング対象外。

問答無用に好き。誰がなんと言おうと好き。

久しく行ってないけど高崎のだるま大使(博多)とか元気かなあ。

これに続くのが

桂花(熊本)

夜鳴き屋(柏市)で、

夜鳴き屋はバイクの兄ちゃんがひとりでやってる店だったのだけれど、人生で家から一番近いラーメン屋として、かなり高いリピーター率だったのだけれど、私が柏市から転居する直前くらいに閉店してしまい、これに続いて桂花も柏から撤退したので、もう柏にラーメンを食べに行くことはないだろうと思う。


あと

よってこや(京都)

柏店・牛久店・守谷店と通っていたのに、すべて撤退。ひどい。


守谷にはラーメン屋がたくさんあるので、有名どころは大抵行ったのだけれど

横浜系ばかりであまり好みじゃない。

たしかにおいしいな、と思うのだけれど、リピートしないなあ。

いろいろ考えてみると

どうも京都系・鶏系・白湯(パイタン)が好みらしい。

でも探して見つけてリピートしては撤退するのを見ているので悲しい。

2007-05-03

綾瀬川ウォーキング

うちは、何気に、アウトドア派です。(スポーツは苦手)

なんちゃってアウトドア。

ウォーキングやハイキングやトレッキングや登山が、特別好きなわけでもないし、特別自然を愛しているわけでもない。ドライヴは大好きだけど、ツーリング好きでもないし、山にロマンを持ってるわけでも、釣りが大好きなわけでもない。

強いて言うなら

湧水や湖や川や海のあるところが好きで、単なる外泊好き。

あと、人間その気になればどこにだって寝られるし、どこへだって歩いていけるし、なんとでもなるもんよ、というサバイバル感覚をけっこう重視する傾向ある。

みんなでアウトドアっていうんじゃなくて、災害時に職場からひとりで歩いて帰れるか、とか、家が潰れても3日は生きていける装備、とか、電気もガスもないときどうするか、とか、避難場所の体育館で2人寝られる空間がもらえたらテント設営、とかそういう生き残り系。

を、追い詰められて殺伐としながらやるんじゃなくて、むしろ楽しみながらやれたらいいな、と思ってやってるところあるかな(どうせほんとの災害時には余裕ないに決まってるので)。

だから電源つきのオートキャンプとかしない。仰々しいテーブルやチェアとかもってない。

そういう意味ではツーリングや登山の方が感覚的に近い。が、最終的に行き着くところは軽キャンパーかな、とか思っていたりする。

という薀蓄はさておいて、今回は仕事の都合と、富士登山の予行演習を兼ねて、綾瀬川ウォーキングに参加してきました。上司に仕事と実益を兼ねたようなことするね、と笑われつつ。



綾瀬川ウォーキングは平坦な道を10kmしか歩かないけど、フル装備。

長袖長ズボン帽子は標準。

リュックは25Lクラス。リュックの中身は以下。6kgくらいになった。だんなは7kgくらい。

・薬全般・虫除け・お金・保険証

・着替え・タオル・手ぬぐい

・レインウェア対策(ウィンドブレーカー・ポンチョ・レインパンツ)

・非常食(ウィダーイン・カロリーメイトの類似品、チョコ・飴)

・水(500mlペット2本)

・トイレットペーパー

・ゴミ袋5個くらい

・サングラス

・カメラ

・グランドシート

テントのグランドシートは今までそこらへんのダンボールで代用してたんだけど、レジャーシートにも使える!ということに気づいて、購入。お気に入りアウトドアブランドsnowpeakのトレイルトリッパー2用。(トレイルトリッパー2も欲しいけど、同サイズのテントが2個あってもね・・・)

数百円のビニールレジャーシートは絶対買いたくなかったので、値段も30倍だけど、喜びも30倍。スノピロゴなんてなくても分かるこの色と風合い。普段使いには過剰なほどの耐水圧。大満足。

富士山装備としては、マスクとかウエットティッシュが欲しいかなあと思った。

あと今回はお弁当。サンドイッチと鶏肉のハーブ焼き。

仕事もするのでテレコ持参。




予想はしてたけど、年齢層は50代多い。おばちゃんたちすごく元気!

綾瀬川は、私の人生の中では一番汚い部類に入るんだけれども、こんだけ人口過密なところを流れているからある程度はしょうがないのかな、と思う。田んぼの落とし水がスタートで、低地を流れるので淀む。潮位の影響も受けるので逆流してたりする。川が綾のように細かく入り組んでいるから、綾瀬川。ちょっと雨がひどく降るとすぐ増水して氾濫するっていう、困り者の川だった。江戸時代は見渡す湿地、開拓されて田んぼ。そういう土地に人が急激に流入してきたんだから、昔の環境意識の低さから言っても、汚くもなるわな。それでも昔は泳げたんだってよ。実体験の話には説得力あるね。

草加松原

水質の悪さやゴミの多さに気になりつつも、昔はもっと汚かったし、もっとゴミ溜めだったことを思うと、かなり良くなったんだなあと思う。捨てられた粗大ゴミをみるたびに、だんなが「心無い」と言う(←ギャグ)。

いやー、こういう自然体験型のウォーキングやゴミひろい大会とかに参加するひとって参加するって時点で、環境意識すごい高いんだよねえ。ゴミを捨てるひとって、ほんとのほんとにごく一部なんだろうけれど、(正直、捨てるひととは関わりあいたくないし話したくもない)そういうひとが汚すわけで、そういうひとを意識改革する方法ってあるんかいねとか思ってしまう。

鯉は意外に多かったし、鴨をたくさん見た。

綾瀬川ラグーン

昔かけられていた橋の話や、治水の歴史を感じつつ、川沿いを歩く。

私は山育ちなので、川というと急流のイメージしかなかったから、こういう緩い小川を延々と歩ける環境って、結構イイんじゃないかと思った。犬の散歩したくなる。

越谷浄化施設前

水は、酸素水とお茶。と小さいペットボトルを1本凍らせておいた。

酸素水は初体験だったけど、普通の硬水? 富士山みたいな酸素薄いところだとちがうんだろうか。お茶は水出し。カテキンで消毒液にもなると勝手に思っている。凍らせた水はタオルに包んでおいたんだけれど、日射病か熱中症になりかけな14時頃に大活躍。冷たい水おいしい。

荷物の重さはあんまり気にならなかった。平地だと楽なもんだ。

今回は集団行動だから仕方ないんだけれど、遅い人を立って待ってるのが一番しんどかった。これは遍路をやったときに気づいてたけど、歩き続けるか、休むなら座って20分くらい休む、というのを繰り返す方が楽。



が、実は帰宅してからが大変だった。頭痛・吐き気・関節痛。

うーん。疲労が出たのかもしれない。10kmくらいでへばるとは。

私は、人間ぶっつけ本番でも一日30kmは余裕で歩けると思ってるけれど、そう思う根拠ってやっぱり実体験があるからなんだよね。そういう昔とった杵柄もたまには磨いてやらにゃいかん。


続きを読む

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |