Hatena::Groupdaisy

ひな菊と黒い犬 RSSフィード

2006-01-29

立春までもう少し

ラベンダーが枯れたー・・・・

やはり極寒の庭には耐えられなかったらしい。がっくり。

他のハーブも小さくなってなんとか耐えている感じ。

冬は軒下に入れて、なるべく日の当たるとこに置く。(それでも9時~12時くらいまでしか当たらないんだが)

秋ぐらいから水まきを減らして、冬はほとんど自然の雨以外に水まきしないようにしています。(根っこが強くなるらしい)

大寒も過ぎたので、スコップで表面の土を起こして空気を入れる。少し肥料も足す。水やりして、米糠をたっぷりかけておく。

まだまだ寒いけれど、立春ももう少しだし、春になったら株分けでもしようかな。

ローズマリーだけは元気。

ローズマリーは料理に使う機会も多いし、一番重宝しているかも。

2006-01-27

デイリーポータルZから粗品が!

いまさらですがデイリーポータルZ愛読者です。

とあるコンペに応募したらなんと入賞したのです!

掲載のみなさまには、近日中に粗品をお送りいたしますので、少々お待ちくださいませね!

というので粗品待ち。なんだろな~なんだろな~。

今日来ました!

そしな。

ひゃあ~♪

シール可愛くて使えません。

文箱に大切に仕舞っておきます。

シャーボは使うかな。ところでシャーボって通じますよね?(最近、フロッピ5インチディスクの話で盛り上がったら、年齢詐称とか言われたワタクシ)

2006-01-20

桂花 高島屋ステーションモール店 【閉店】

2006.1.20

というわけで店員がごろっと変わってもいつもの1100円メニューを頼み続ける。取り皿も通じるようになりました。で。

今日は取り皿言わなくても出てきた。わ~!ここでも!ぱちぱちぱち。

ありがとうありがとう。

チャイナ系お姉さんの気軽な接客が好きよー。雑談したりしてこないしね~。

ところで桂花は、ラーメンも好きだけど、お茶も気に入ってたのです。

雲南茶。これが美味しかったので、雲南省のプーアル茶ということを突き止めて中国茶で買い求め。家で日常的に飲むようになったら、桂花の無料お茶はかなり薄いということに気づいてきた。さすが業務用。舌が肥えるのも良かったり悪かったりです。


2005.4.20

柏高島屋ステーションモール7階。かなり突き当たりの奥。

なんか、毎週っていうペースで行ってたりします。

ラーメン一杯ではこてこてすぎて頭が痛くなるくらいの味ですけれど、旨いのです。いつものメニューは「ディディセット+ごはん」=1100円。これを二人で食べる。そうするとラーメン半分おかずも半分で良い感じ。ところでとり皿をお願いするとスープ付だったりします。びっくり。お皿だけでお願いしたり、スープをお願いしたり、その日の気分で。しかしやはり麺は柔らかめがスキです、私。

とか言ってたら、店員さんがごろっと変わってしまい(全員!?)

取り皿通じませんでした・・・およよ

スープも付かなくなってしまいました。(まあ無くても良いんだけれど)

http://keika-raumen.co.jp/

2006-01-15

玄米粥で小正月

そういえば春の七草粥をしなかった。

だんなさまが風邪をひいているのはそのせいかもしれない・・・。

年末にかあさまから玄米をもらったので

もっぱら玄米を食べています。

でも試行錯誤の結果、5分付きが美味しい(玄米ごはんは好きじゃない)ということに落ち着いているので

玄米をそのまま使う場合はお粥。

今日は小正月なので玄米で小豆粥をつくりました。

小豆から煮るのもいいけれど

今日はお手軽に缶詰使う。(うちは小豆缶詰常備)

土鍋でつくるのも好きだけど、今日は炊飯器にお任せ。楽ちん。

病人には林檎粥でもつくるかなー

天下一品 水海道店

常総市新井木町字江畑108-3

全国展開のラーメン屋サン。

京都旅行でたまたま本店の近くに宿泊したので、行って食べたのが最初。

以来やみつき。私の好きなラーメンの五指に入るね。

柏に住んでたときは、ETCつけて柏~谷和原を400円払って行ってました。(水海道店ができる前はつくば店まで行ってた)

 

私は餃子も好きなので(普通の餃子ですけど)

小ラーメン頼んで餃子一皿つけるのが定番です。

前はガソリンスタンドだったらしい店のつくりが面白い。

なにげに置いてあるマンガが気になって読んでしまう。

 

http://www.tenkaippin.co.jp/

2006-01-14

卵酒をつくってみました。

だんなさまが風邪ひいてしまい寝込んでいるので、

生まれて初めて卵酒なるものをつくってみました。

風邪の時にお酒を飲むのってどうなの。と思ったのだけれど

「卵酒の美味しいつくりかた」

を読んでつくりたくなったのです。(←だんなさま実験台)

レシピは砂糖をつかってたけど、うちははちみつ派なのではちみつを使う。

コップに卵の黄身を入れて

ハニーディッパーで大さじ1程度掬いとったのを

そのままつっこんでぐるぐるぐるぐる。

湯煎にかけながらぐるぐるぐる。

さらにぐるぐる。

お酒は50ccほど。(お酒に弱くてそれくらいしか飲めないので)

湯煎にかけたままちょっとずつ足す。

さらにぐるぐる。

ちょっと入れて、ぐるぐる。

コップも卵酒も温まってきて出来上がり。


これがまた。なかなか美味しいではないですか。

甘いし。(はちみつ入れてるから当たり前なんだけど)

なんか、いいかも。

2006-01-07

骨董ジャンボリー 2006WINTER

本日初日。前売り2千円買って、アーリーバイヤーデイに行ってきました!

開場30分ほど前から並んで入場しましたが、絶対買うという品があるわけでもないので殺到することもなく、初日のおかげもあってか、ゆっくり入場、ゆっくり見ることができました。

とりあえず目的の大谷さらささんのお店へ。

厳選の品を持ってきていただいている雰囲気で、既に5~6人が見ていました。

さらささんにも気持ちよく接客していただき。気持ちよくお買い物。

着物を買って、会場をぐるり。18時までの4時間楽しんできましたよー。

戦利品は以下。

着物3枚と帯

さらささんのお店の価格は3千円から2万円程度のもの。

1万~1万5千円のものがやっぱり目に入り、買いたくなる。

左2枚が着物。3千円と8千円。一番右が帯3千円。

紫の絞りはデジカメでは巧く映らないみたいで、もう少し紫色が濃いです。

FIREKINGのメジャーカップ

最近、ファイアーキングやオールドパイレックスの本が出ていて、気になっていたのだけれど、近所の雑貨屋で取扱があるはずもなく(いっこ見たことがあるけどジェイドのマグが12000円!)、もしかして~と思ったらあるわあるわ。さすが流行り物。

カップだけみるとジェイド(翡翠色)が可愛いのだけれど、どう考えても珈琲とか牛乳とか入れたくない色だと私は思うのです・・・大体6000円。

白がかわいいけれど2500円。青が高くて一万円くらい。

なんでこんなに違うの?と聞くと、白はどこにでもあるから。とか言われた。

いやしかし、冷静に考えても2500円のマグは高い。マグたくさん持ってるし。

というので、はたと見たらメジャーカップがあるじゃないですか。かわいい。

ちょうど今まで使ってたビーカーをこないだ割ったばっかりだったので即決。

3800円を3000円にしてもらった。

いやこれも冷静に考えるとすげー高いメジャーだと思うんだけど、毎日使うしいいや。

ロゴがゴシック体なのは1940年代頃の古いタイプらしくて珍しいらしいよ。60年も使ってるものなのね。

蒸し碗

藍色の染め付け器が好きでよく見てしまうのだけれど、骨董品は高い。

高い器なんて日常遣いにできるわけがない。

しかし高い物を見た後で安い物を見ると買う気が失せるというか。

というなかで見つけた瀬戸物の器。5客3千円。ひとつにニュウがあって、ひとつは蓋にカケができているのでこの値段なのだそう。昭和に入ってすぐくらいの作品だからまだ80年くらいで新しいのよ、とお店の奥さん。80年で「新しい」って!

蓋付き蒸し碗は持ってないので即決。

藍色オンリーも好きだけど、碧や朱が入っているのもお洒落よねえ。

夢を買いました こういう形で売られていた

そして本日最大の衝動買い。ギャンブル買い物。

ていうか惚れちゃったからもうどうでもいいっていうくらいなんだけれど、

8千円のお猪口です。

うーわーおちょこに8千円なんて間違ってる。怖ろしい。

こんなものを私に買わせるなんて、なんて怖ろしいジャンボリー。

マイセンのお店に右のようなかたちで皿付きで置いてあって

染めの割りには何かが霞がかっていて良い感じー色もいいなーと見ていたら

店のおじさまが、

「これは明の時代のものでねーずっと海の中にあったから潮がついてこういう色になっているんだよー」

「ほんとは何円つけたらいいかわたしも分からないんですよ。もっと高い物なのかもしれないね。歴史を買うようなものじゃないですかね」

って。

別のお客様が、「おっ、これは海上がりだね、いいね」と言ったそうな。

海上がりって。明って。なんですかそれ。

いわれてみるとこの質感はたしかに海のもの。フジツボついてたらしき。

というわけで一緒に売られている皿の方はちっとも目に入らず、皿は要らないと言ったんだけれどタダだと思ってもらってきました。

ちょうどおちょこが欲しかったっていうのもあるんだけどね・・・

もう何時間も眺めてられそうです。



あと漆のお盆が8千円の小振りのものがきれいでうっとりした。

京友禅の黒引き振袖がすごく品が良くてこれもずっと眺めていそうな。

結婚式で一度だけ使ったきりのものなのだそうな。

10万円と言われて実は安いと思ったのだけれど、こんな高い物をサイズ違いで買うのが怖ろしくてやめました・・

3月にお誂え着物を一枚仕立てるのでそのときの寸法をちゃんと控えておこうと思います。次ああいうのに出会ったら買っちゃうかもしれん。

きょうは、カシミアのケープコートを着てうろうろしたのですが、

お店の方の対応がいつもの骨董市と違ってびっくりした。

なんか、親切っていうか、丁寧っていうか。

やっぱり着ているものがいいものだと違うのかもしれん。

もっと50代とか60代になれば服装とかどうでもいいのかもしれないけど

骨董の世界からいうと私なんて場違いなくらい子供だろうからなー。

ハッタリくらいにはなったのかな。

神社や寺の骨董市だともっと得体のしれないものが集まっているけれど

さすがに業者も場所代払ってイベントに来ているだけあって

悪い物に高い値段がついているという感じはなく、

こういうのはこれくらいの値段がするもの、とか

こういう柄になると高いとか、安い理由高い理由を話してもらったりして

勉強になりました。

骨董市では一個惚れるものに出逢えればかなりラッキーだと思っているので

これからじっくり選んでいけたらいいかなー。

来年もまた行こう!


続きを読む

2006-01-06

晩酌。

お酒が飲めないとさんざん嘆いているワタクシではございますが、

せめてもうちょっと飲めたらいいのになあとは思っているのです。

特に日本酒。嗜む位は飲みたいものです。

というところに、越乃寒梅一升瓶をいただいて。

新潟と言えばもう越乃寒梅と八海山。

いまのところ私が飲める唯一の日本酒。

飲めないからと言って料理酒にするのは簡単なのだけれど

今年は飲んでみることにしました。

と言ってもほんとに飲めないので、お猪口一杯だけ。

本日は夕食後のデザートにトーラクの「冬のトリュフ・ビターノワール」。

ちょこ燗をした寒梅。

をいただいております。

ちょこ燗は、お酒を入れたお猪口を一回り大きい容器に入れて、そこに熱湯を注いで待つ、というだけの、ミニ湯煎みたいなものなのだけれど、ほんのり暖かくなって冬には嬉しい。

そういえばうちにはお盆がないのです。

燗にしたお酒を炬燵まで運ぶのにお盆がないと淋しい。

というわけで、急にお盆が欲しくなりました。

今度買ってこよう。

酒呑みから勿体ない!とか邪道だ!とか

そもそもそれは晩酌とは言わないとか

言われそうですが、いいのです。初心者ですから。おちょこ一杯でへろへろです。


続きを読む

2006-01-01

元朝詣りは香取神宮へ

SVXとワタシ

あけましておめでとうございます。

初詣は今年も香取神宮へ。

歩きの初詣はもうこれきりと決めたウールの着物。

だんなさまもウールの着物。お揃い。

今年の破魔矢は黒破魔矢にしてみました。(干支も絵馬も可愛くなかったの)

去年の破魔矢は可愛いのでまだ捨ててません。

んーでも縁起物は長く持っておくのは良く無さそうなので、布施弁天のどんと焼きで処分する予定。

そういえば、小さい頃買った恋愛守りがまた出てきたので一緒に処分しないと。これで古守りは全部燃したかな。中二くらいまで恋愛守りを集めていて、10個以上あったのだけれど、まあもう報われた(?)ということで、3年ほど前にまとめてどんと焼きで燃したのですが、また出てきた。用済みの古いお守りというのは何か違うものを守ってそうでコワイです。恋愛守りだけに弁天さまにお焚き上げしてもらうつもり。

香取神宮の御神籤は吉でした。

「心長くして騒がねば時いたりて叶う」らしい。

引越は今年が更新で、ちょっと引越しようかと思ってみたのだけれど、「よろしからず」、だんなさまのも「急ぐな」と書かれてしまったのでナシ。

旅行が「利なしひかえよ」。だんなさまのも「ひかえて吉利なし」。あらら今年は控えめの予定です。

かあさまのおせちを手伝って錦糸卵をつくったり、ひさしぶりに漉し餡でおもちをいただいたりしました。

そうそう、去年いただいた佐原の味醂がとても美味しかったので大晦日に購入。

味醂風調味料からようやく本味醂を使うようになった矢先にいただいた味醂だったのですが、市販の本味醂とは全然違うので驚きました。甘い。この味醂使うと砂糖いらないってくらい。

3月に実家に持って帰る予定。

美味しい調味料というのは全国あちらこちらに色々あるけれど、こういう縁あるところの美味しいものを使うのは嬉しいね。

本年もどうぞよろしく。

 

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |